Dickens.

Don QuixoteDon Quixote, the beloved itinerant knight.

List of recommended reference books and commentary articles on "Don Quixote" - The world's greatest novel is still interesting! The more you know about it, the more you enjoy its charm!

Don Quixote" is interesting! There is no doubt about this.

And it is not only interesting, but its depth is also extraordinary. It has been loved by great people all over the world.

To enjoy "Don Quixote" even more, this article introduces recommended books!

A Changing VillageBuddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

M. Wickramasinghe's "The Changing Village" Synopsis and Impressions - A masterful feature film from Sri Lanka! Also related to Dostoevsky and Chekhov!

It is a wonderful novel that is not well known in Japan, but is highly acclaimed around the world. I have actually read it and enjoyed its excellence.

スリランカでの生活が目の前に現れるかのような、没入感ある小説です。ドストエフスキーやチェーホフが好きな人には特にフィットする作品だと思います。

これからこの三部作全てを読んでいきますが、そのスタートからして圧倒的なクオリティを感じた一冊でした。

Travels in Rome" - Charms of the Theater City of Rome and Pilgrimage to Bernini

(34) Visit the Basilica of San Carlo alle Quattro Fontane - The architectural masterpiece of Bernini's rival, Borromini!

In my previous article, I introduced Bernini's architectural masterpiece, the Basilica Sant'Andrea al Quirinale, and in fact, 150 meters from the cathedral stands the architectural masterpiece of Bernini's rival, Borromini.

Borromini's personality and style were the complete opposite of Bernini's, and he was the subject of a heated battle when Bernini was ousted from office. However, his talent was undeniably outstanding, and he was an architect full of originality and creativity, worthy of being called a genius. It is nothing short of a miracle that Borromini's masterpiece and Bernini's masterpiece stand almost next to each other.

Frankly, in terms of impact, it surpasses Bernini's Sant'Andrea al Quirinale. I don't know what it is, but it feels like being hit with a tremendous punch. That is this cathedral.

Four SignaturesBritish and German Literature, History and Culture

Conan Doyle's "The Four Signatures" Synopsis and Comments - The Great Thames Chase! The second film that defined the Holmes series serial!

シャーロック・ホームズシリーズはこの『四つの署名』の誕生によって連載への道筋が開かれていくことになります。

この作品も前作同様ホームズの名推理が冴えわたるのですが、今作では手に汗握るアクションシーンも登場し、よりエンタメ感の強い作品となっています。犯人との直接対決であるテムズ川での追跡シーンは臨場感たっぷりで映像的な楽しさも味わうことができます。川での追跡というと同じイギリスの文豪ディケンズの『大いなる遺産』が有名ですが、その名シーンをオマージュしたかのような迫力ある追跡です。

ホームズ・シリーズ連載のきっかけとなった『四つの署名』はエンタメ感満載の名作です。ぜひこちらもおすすめしたい一冊です。

The Industrial Revolution and British and European Society

Marx's Miscalculation? What life was like for Victorian Londoners, I think in 19th century London!

ヴィクトリア朝のロンドンはあのマルクスがいた時代になります。マルクスはまさしくこの時代のロンドンで生活し、人々の姿を見、大英博物館の図書室にこもって研究に没頭していたのでありました。

マルクスはどんな世界を見て『資本論』を書いていたのか、そして彼と同時代人のロンドン人はどんな生活をしていたのか、そうした面からも『ヴィクトリア朝英国人の日常生活 貴族から労働者階級まで』は私にってものすごく興味深いものでありました。

The Industrial Revolution and British and European Society

『ヴィクトリア朝英国人の日常生活 貴族から労働者階級まで』~19世紀後半のロンドン市民の生活を知るのにおすすめ!

この本ではヴィクトリア朝の人々の日常生活が描かれます。100年以上も前のロンドン市民がどんな生活を送ってたかがかなり詳しく語られます。しかも日常生活に密着していますので小説や映画などでもなかなか見られない部分まで知ることができます。

意外な発見がたくさんあります。これは面白いです!

19世紀後半のロンドン市民の生活を知れるおすすめの1冊です!

The Industrial Revolution and British and European Society

ヘンリー・メイヒュー『ヴィクトリア時代 ロンドン路地裏の生活誌』~ロンドンの下層民の生活を取材したルポ作品!

この本はイギリスヴィクトリア朝、特に1800年代半ばのロンドンの下層民の生活に密着し、彼らがどんな生活をしているのかを描いた作品です。まるで小説のように描かれたこの作品を読んでいると、彼らが当時のロンドンでどんな生活をしていたかが目の前に浮かんでくるかのようです。イラストも豊富な点もありがたいです。

The Industrial Revolution and British and European Society

Masaie Matsumura, "Light and Shadow of Nineteenth-Century London Life: The Age of Regency and Dickens" - recommended for understanding the background of Victorian prosperity!

この本で語られるリージェンシー時代は1811年から1820年までの10年という短い期間のことですが、この時代が後のヴィクトリア朝につながる重要な時期であると著者は述べます。

たった一本の路地を隔てることによって世界が変わっていく。光と闇が同居するような、そんな矛盾をはらんだ街が世界の大都市ロンドンでした。

この本ではそうしたリージェンシー時代からヴィクトリア朝初期に至るロンドンの時代背景を見ていくことができます。

この本は19世紀前半から中頃のロンドンを知るのに最適な1冊です。非常に興味深い内容が満載でした。おすすめです!

The Industrial Revolution and British and European Society

海野弘他『レンズが撮らえた19世紀ヨーロッパ』~19世紀西欧を写真で概観するおすすめガイドブック!

この本では同時代の国家間のつながりはどのようなものだったのか、それぞれの国の特徴はどのようなものだったのかということを知ることができます。しかも写真が大量にありますのでとてもイメージしやすいです。

そしてこの本のタイトルにもありますように、カメラと写真技術そのものの歴史も知ることができます。カメラの技術が発明されたのが1839年で、そこからあっという間にその技術は進歩し1840年代にはかなり性能のよいカメラ技術も出てきます。

これは刺激的な1冊です!

The Industrial Revolution and British and European Society

The City and Life of Victorian London in Photographs" - Recommended to learn about London in the late 19th century as seen by Dickens!

この本では19世紀中頃から後半にかけてのロンドンの姿を大量の写真で見ることができます。
この本の特徴は19世紀イギリスの偉大な文豪ディケンズと絡めてロンドンの街が語られる点にあります。
たくさんの写真と一緒にディケンズ作品との関わりも解説されていきますのでディケンズファンにはたまらない構成となっています。