Dickens, England's greatest writer

Dickens.Dickens, England's greatest writer

Seven recommended works by the great British author Dickens - a literary giant famous for his heartwarming works such as "A Christmas Carol".

ディケンズの小説を読めば当時のイギリスの社会状況や、イギリス人のメンタリティーを知ることができます。

19世紀のイギリスといえば、産業革命も進み、イギリスの国力は世界を席巻するものでした。ですがその反面労働環境は悲惨を極め、経済格差は広がり、環境公害も起こっていました。

そんな社会の闇をディケンズは冷静な目で描きます。ですがそんな闇を描きつつも彼は持ち前のユーモアや善良なる救い手の力によって物語に光を差し込ませます。

この絶妙なバランス感こそディケンズ小説の面白さの秘訣なのではないかと思います。

A Great LegacyDickens, England's greatest writer

Dickens' late masterpiece "The Greatest Inheritance" synopsis and impressions - A boy's life is turned upside down by his great wealth!

This story is about a young boy, Pip, growing up. Pip, who lives a poor but humane life, suddenly falls in love with Estella, a rich young lady.

His love for Estella led to a yearning for a life of luxury, which eventually led Pip to abandon his life of poverty.

However, Pip, now rich from a mysterious inheritance, becomes embroiled in a series of mysterious events, and his "great legacy" becomes increasingly enigmatic.

What exactly is the "great legacy"? From whom is it a legacy? And what will happen to Pip? The story will keep us entertained and breathless until the very end.

Tale of Two CitiesDickens, England's greatest writer

A Tale of Two Cities," one of Dickens' most popular works, synopsis and commentary - London and Paris during the French Revolution!

この作品は展開が早く、またそれぞれの登場人物もキャラが際立っていて読みやすいです。

解説でも、

「『二都物語』は、そうした〝ダーク〟ディケンズ全開の一篇で、二十を超える作品のなかでも傑出したエンターテインメントだ。二作しかない歴史物のひとつだが、『クリスマス・キャロル』とともにもっともよく知られ、小説として世界歴代トップクラスのべストセラーでもある。」と紹介されている名作です

David.Dickens, England's greatest writer

Dickens' "David Copperfield" Synopsis and Comments - Mr. and Mrs. Micawber, whom Dostoevsky also loved.

この作品はディケンズの自伝的な要素をはらんだ彼の代表作であり、サマセット・モームの「世界の十大小説」にも選ばれている名作です。

ドストエフスキーもこの作品を愛読し、特にそのキャラクター、ミコーバーを自分に当てはめて奥様にジョークを語るなど、普段の生活からその影響は大きかったようです。

この記事ではそんなミコーバーとドストエフスキーの関係についてお話ししていきます。

クリスマス・キャロルDickens, England's greatest writer

ディケンズの代表作『クリスマス・キャロル』あらすじと感想~ディズニーでも映像化された作品!

おそらくディケンズの作品で最も知名度があり、そして現代でも最も親しまれているのがこの『クリスマス・キャロル』なのではないでしょうか。

ディズニーでも映像化されたりと、小説以外の場でも親しむことが多い作品です。

そしてイギリスでディケンズが「クリスマス・ファーザー」と呼ばれているのは初めて知りました。クリスマスの宴をイギリスに復活させた人物こそこのディケンズだったとは驚きでした。

antique storeDickens, England's greatest writer

Dickens' "The Antique Dealer" Synopsis and Comments - Strong influence on Dostoevsky's "The Oppressed"!

『骨董屋』の主人公たるネルは、ドストエフスキーの『虐げられた人びと』でもネリーという名前で登場します。もちろん、そっくりそのまま同じ境遇、性格ではありませんが『骨董屋』に強いインスピレーションを受けているのは否定できません。

また、この作品はキリスト教作家ディケンズという側面が強く出てきた作品でもあります。ドストエフスキーはディケンズのそのような側面も尊敬していたそうです。

Oliver.Dickens, England's greatest writer

Dickens' "Oliver Twist" Synopsis and Comments - An indictment of the dire social conditions in London! The adventures of Oliver, a good boy

『オリヴァー・ツイスト』は単に「小説として面白かったね」で終わらずに、社会そのものに強い影響を与えました。なんと、実際に多くの人がこの作品を読んで社会改善を唱え、制度も改革されていったのです。

こうした「善を呼び覚ます小説の影響力」。

これはものすごいことであります。

ドストエフスキーが多くの人、特に子どもたちにディケンズの小説を勧めるのはこういうところにもその理由があるのかもしれません。

ディケンズの代表作『オリヴァー・ツイスト』、読みやすく物語展開も目まぐるしい面白い作品でした。

Pickwick ClubDickens, England's greatest writer

Dickens' "The Pickwick Club" Synopsis and Impressions - A powerful influence on Dostoevsky's "The Idiot"! 19th century British version of Don Quixote!

この作品はセルバンテスの『ドン・キホーテ』を意識して書かれ、ドストエフスキーの代表作『白痴』にも多大な影響を与えた作品です。

当時イギリスでこれを読んでいた人たちは大笑いし、イギリス中がピクウィック氏の活躍を毎週毎週心待ちにしていたそうです。

ディケンズ作品の中で『ピクウィック・クラブ』は、ドストエフスキーを学ぶ上で最も重要な作品です。

私もつい最近までこの作品を知りませんでしたが読んで納得、とても面白い作品でした。

Keiko ShimadaDickens, England's greatest writer

Keiko Shimada, "Darkness and Light in Dickensian Literature," This is the book to know Dickens and Dostoevsky Christianity!

この本は名著中の名著です。本当に素晴らしいです。

読んでいて驚いてしまいました。

Dickens is a great English writer. In Russia, he is like Dostoevsky or Tolstoy.

Commentaries by such writers tend to be difficult or difficult to read, but this book is different.

これほどわかりやすく、かつ深い考察までされている本はなかなかお目にかかれるものではありません。

Dickens.Dickens, England's greatest writer

Who is Dickens, the great English writer - Without Dickens, there would be no Dostoevsky!

ディケンズはキリスト教作家としても尊敬されていました。ドストエフスキーが彼のことを非常に大切にしていたのもここに根があります。

ドストエフスキーは彼をキリスト教作家として尊敬していました。

そしてディケンズの愛に満ちた作品を愛し、その優しい世界観を感じていたのかもしれません。

悪のはびこる世界でも、優しい愛ある人間性を感じることができるのがディケンズの作品です。

だからこそドストエフスキーは子どもたちへの教育や、妻アンナ夫人にディケンズを勧めていたのかもしれません。