The Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

FlorenceThe Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

List of recommended reference books to learn about Florence - A profound world of art, history, and literature, including da Vinci, Machiavelli, and Dante.

In our previous article, we recommended reference books for learning about Rome, Italy, and in this article, we will recommend books about Florence.

Ferenze is a city of flowers where the works of Botticelli, Leonardo da Vinci, Michelangelo, and other unspoken masters continue to fascinate people from all over the world.

However, it is surprisingly difficult to understand the history of Florence and how art flourished in this city.

We may know the term "Renaissance art," but when it comes to the actual nature of this art, what was the background of the period in which it reached its golden age?

The more you know about Florence, the more interesting it is! We hope you will find this article useful.

FlorenceThe Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

Basilica di Santa Croce, Florence - Visit the tombs of Michelangelo, Machiavelli and Galileo

2022年末、私はヨーロッパを旅しました。そしてその時の体験を『ドストエフスキー、妻と歩んだ運命の旅~狂気と愛の西欧旅行』という旅行記にまとめ当ブログで更新してきました。そしてその旅の中で私はフィレンツェも訪れています。

今回の記事ではそんなフィレンツェの中でも特に印象に残っているサンタ・クローチェ聖堂をご紹介していきます。

この聖堂には錚々たる偉人達のお墓があります。私はこうした偉人達のお墓参りがしたくこの聖堂にやって来たのでありました。特にミケランジェロやマキャヴェリのお墓には強い思いを持って私はお墓参りをしました。

The Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

『Pen BOOKS ルネサンスとは何か』~フィレンツェやベネチアなど、ルネサンスの名画を幅広く学ぶのにおすすめの入門書

ルネサンスというとまず思い浮かぶのはフィレンツェですが、いかんせん芸術家の数が多すぎる!ルネサンスといえばビッグネームの名はすぐに浮かんでくるものの、他にもたくさんの芸術家がいます。正直、あまりに数が多すぎてどう見ていけばいいのか、誰がどんな流れで作品を作ったのか混乱してしまいます。

そんなややこしいルネサンス美術ではありますが、この『PenBOOKS ルネサンスとは何か』では歴史の流れに沿ってそれぞれの名画をわかりやすく解説してくれます。図版も非常に充実していますのでビジュアル的にも非常にイメージしやすいです。

The Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

M. Viroli, "The Life of Machiavelli: The Mystery of His Smile" - A recommended biography that also provides historical background and why "The Monarchy" was written!

Readers will be able to relive the times in which he lived, picturing in their minds the days that Machiavelli spent."

まさにこれです。この伝記は彼がどんな生涯を生き、何と戦っていたのかということを臨場感満載で追っていくことになります。

I was amazed when I read this book. I was shocked to find out that Machiavelli had been through all of this! I was shocked. I had no idea that he was disgraced, suspected of treason, and even tortured by his beloved city of Florence.

そして田舎に閉じこもり書物と向き合い、そこから自身の外交官体験と照らし合わせて作られたのが『君主論』だった。この流れには痺れました。

The Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

Erasmus' "The Lover's Praise" Synopsis and Impressions - A satirical work by the world's first best-selling author, the originator of humanism.

この作品は真面目くさった神学者や哲学者を風刺して、人間とはいかなるものかをユーモアたっぷりに描いています。腐敗した聖職者への批判も書かれており、よくこの作品をカトリック教会が許してくれたなと読んだ瞬間思ったのですが、案の定この作品はカトリックの禁書目録に入ることになったようです。

巨大な出版業界がまだ存在していない段階にしてベストセラー作家として最高の地位にあったエラスムス。

その人気の源泉となった作品が『痴愚神礼讃』です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

The Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

Masumi Ishinabe, "The Florentine Century" - Recommended reference book to learn about the political situation and art trends of the Medici and Florence.

この作品はフィレンツェの芸術作品そのものよりもその作品が生み出された時代背景に注目していく点にその特徴があります。

フィレンツェには有名な建築や芸術作品がありすぎて何を見ればいいのか混乱してしまいます。ですがこの本ではそれを時代順に見ていくことになるので頭がすっきりします。歴史の流れとセットで作品の背景まで見えてくるのでこれまで本や映像で漠然と見ていたフィレンツェがまた違って見えてきます。

フィレンツェの歴史や魅力を知るのにこの本は非常におすすめです。

The Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

Takami Matsuda, "Purgatory and Hell: European Medieval Literature and the General Public's View of Life and Death" - recommended as a reference for Dante's Divine Comedy!

The book gives a very clear explanation of why purgatory was created in the historical background.

Ideas do not just appear out of thin air. In this book, we can feel that ideas are born only when they are needed in the context of the times.

The book tells us that purgatory came into being around the 12th century.

そしてダンテが『神曲』を書いたのが14世紀初頭ということで200年ほどのスパンがあります。

この本を読めばダンテが何を参考にして作品を作り上げていったのかがわかるおすすめの参考書です

The Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

Dante's "The Divine Comedy, The Heavenly Psalm" Synopsis and Thoughts on the "Life in Heaven and the Pure Land is Boring" Issue.

ダンテの『神曲』は中世の人々の死生観を考える上でものすごく興味深い作品でありました。

この記事では「天国・お浄土はつまらない」問題について考えていきます。

『地獄篇』『煉獄篇』『天国篇』と続けて読んできましたが日本の地獄と浄土と比べながら読むのもとても刺激的なものになると思います。ぜひ仏教とセットで読んで頂けましたら幸いでございます。