Russia

Takahiro UedaDiary of a Monk

Welcome to our website. For those of you who are visiting our blog for the first time. First of all, please click here.

Nice to meet you. My name is Takahiro Ueda, the administrator of this blog. This blog started as my attempt to look at various things in my daily life and write words with the motto of asking myself questions, as you can see in the title of the blog.

This article will give you a general guide within our blog. If you are new to our blog or wondering what to read, please read this article first.

Rashomon, noseYukio Mishima and Japanese Literature

Ryunosuke Akutagawa's "Rashomon: The Nose" Synopsis and Thoughts - I want to read it now that I am an adult! A masterpiece that captures that decisive moment of progression to evil!

Well - even so, Akutagawa's short story technique is brilliant! An eerie presence appears in the darkness of the night after ascending Rashomon. Even as an adult, I still find myself engrossed in the story, wondering what is out there. It's almost like a cinematic technique, and the sense of realism is incredible.

In this work, Akutagawa decisively captures the moment when a man embarks on a path of evil. The last part of the work, in which the subtle psychological state of this man is exquisitely captured, is a masterpiece.

Rashomon" is harsh. It shows us the harsh, harsh world as much as possible. It leads us to the very point of what it means to embark on the path of evil. It is truly a wonderful work.

This article will also discuss the connection between Ryunosuke Akutagawa and Russian literature, particularly Gogol.

蜘蛛の糸Yukio Mishima and Japanese Literature

Ryunosuke Akutagawa's "The Spider's Thread" Synopsis and Impressions - A famous short story, famous as a Buddhist fairy tale! A thread of salvation hung in hell!

『蜘蛛の糸』は芥川龍之介が初めて書いた児童向け文学で、仏教説話としても有名な名作短編です。私も僧侶という仕事柄、この『蜘蛛の糸』のお話を法話や仏教書で見聞きすることは数多くありますが、このお話はお寺関係という枠を超えて日本人全体に親しまれてきた作品ではないでしょうか。

そして本書巻末解説では『蜘蛛の糸』制作についての詳しい解説が説かれていたのですが、これが私にとってかなりの驚きでした。簡単に要点をまとめると、⑴『蜘蛛の糸』が元々仏教由来なのかどうかはわからないということ、⑵この作品がドストエフスキーやトルストイとも関係があるという2点があげられます。この記事ではこのことについても詳しく見ていきます。

人間失格Yukio Mishima and Japanese Literature

太宰治『人間失格』あらすじと感想~ドストエフスキーは罪と罰を対義語として書いたのか?太宰最期の問いに思う

前回の記事で紹介した『斜陽』のように、『人間失格』も読者に強烈な影響を与えることになりました。太宰の文章は読者ひとりひとりに「これこそ私だ!」と思わせる独特の魔力があります。主人公のナイーブなあり方に共感する若者が太宰文学に心酔することになりました。そんな彼らを指した「斜陽族」という言葉が生まれたほどです。

そんな感化力の強い太宰作品の中でもとりわけ魔術的な力が強い作品こそこの『人間失格』です。

そして私個人としてはやはりドストエフスキーと『人間失格』とのつながりがとても興味深かったです。

と言いますのも、この作品の後半ではまさにドストエフスキーに関する議論が挿入され、そこで『罪と罰』について語られていたからでありました。

美しい星Yukio Mishima and Japanese Literature

Yukio Mishima's "A Beautiful Star" Synopsis and Impressions - That Mishima wrote a science fiction novel! Also the connection with the Brothers Karamazov!

あの三島由紀夫が本格SF小説を書いていた!

Moreover, this work is extremely easy to read. It is so easy to read that if the author's name was withheld, you would not know it was Yukio Mishima. Furthermore, the immersive feeling is so strong that you find yourself completely immersed in the world of the novel. The fact that the members of the Osugi family are aliens and the existence of other aliens appear in the middle of the story, but they are so exquisitely spoon-fed that it is hard to tell where they are real and where they are science fiction. We find ourselves unwittingly caught in the middle of Mishima's calculated literary artifice. This is interesting. Simply interesting!

Well, it was a brilliant piece of work.

ラジオの戦争責任Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

坂本慎一『ラジオの戦争責任』~メディアが煽るナショナリズム。戦争のメカニズムを学ぶためにも非常におすすめ!

かつて日本でもラジオにおいて仏教学者や演説、説法の達人が仏教を語り多くの人に強い影響を与えていたというのは驚きでした。

また、松下幸之助についての驚きの事実や、政治家松岡洋右の圧倒的な演説力、玉音放送を手掛け戦争を終結させた影の立役者下村宏の偉業など次から次へと驚異の事実をこの本では目にしていくことになります。

とにかく読んでみて下さい。それも一刻も早く!これほどの本に出会えるのはそうそうありません。世界が非常に不安定になっている今こそ読むべき名著中の名著です。

World History from a Nomadic PerspectiveChinese Buddhism, Thought and History

Masaaki Sugiyama, "World History from a Nomadic Perspective" - An exciting book that shatters our preconceptions! To gain a multifaceted view of history

この本では私たちが漠然と想像する遊牧民のイメージを根底から覆す作品です。また、単に遊牧民という存在だけにとどまらず私たちの歴史認識そのものを問う恐るべき作品となっています。

そして本記事のタイトルに「先入観を粉砕」と書きましたがまさにその通り。少なくとも私は思いっきり粉砕されました。

これまで様々なジャンルを読んできて、なるべく色んな視点から物事を見ていこうと意識していたにも関わらずこの様です。この事実にものすごく恥じ入ってしまいました。

この本を読めばきっと私と同じ思いになる方も多いのではないでしょうか。いやあ痛快な一冊でした。