Shakespeare's "King Lear" Synopsis and Comments - The world's greatest masterpiece of tragedy! Who can say, "I'm at rock bottom, too?"

King Lear Shakespeare, a treasure trove of masterpieces

シェイクスピア悲劇の最高峰『リア王』あらすじ解説

William Shakespeare (1564-1616)Wikipedia.

『リア王』は1605年頃にシェイクスピアによって書かれた作品です。

私が読んだのは新潮社、福田恆存訳の『リア王』です。

Let's take a quick look at the synopsis.

おい、俺は王だぞ、お前等、それを知っているのか――。

愛娘3人、善人はひとり。老王は誰を信じたか? 財産に走り、父を見捨てた姉妹たち。

シェイクスピア四大悲劇の一つ。

老王リアは退位にあたり、三人の娘に領土を分配する決意を固め、三人のうちでもっとも孝心のあついものに最大の恩恵を与えることにした。二人の姉は巧みな甘言で父王を喜ばせるが、末娘コーディーリアの真実率直な言葉にリアは激怒し、コーディーリアを勘当の身として二人の姉にすべての権力、財産を譲ってしまう。老王リアの悲劇はこのとき始まった……。

AmazonProducts Page.
1608年の『リア王』四折版の表紙 Wikipedia.

The story begins with the folly of King Lear, who easily believed the sweet words of his two older sisters and was enraged by the frankness of his youngest daughter, who was the kindest of souls. King Lear, who until then had wielded his power as he wished, is no longer of any use and is treated with disdain as soon as he hands over his position and power to his two sisters.

From there, the plotting between the two sisters escalated into a major incident involving the entire country. King Lear is reduced to the status of a beggar, wandering the country. The fall from the peak of his power as king to a beggar with nothing, and the betrayal of his beloved daughter.

King Lear" is a work in which Lear's anguish and grief are depicted with overwhelming power.

巻末解題にわかりやすい解説がありましたのでこちらに引用していきます。

『リア王』の主題は誰の目にも明かなように、第一に親子の間の愛情と信頼に関るものである。リアとグロスターは信じている子に裏切られ、コーディーリアとエドガーは愛している父に裏切られる。更に追従と虚偽が忠誠と正義を圧し、ケントは追放される。

この作品の第二の主題は虚飾の抛棄である。だが、それは必ずしも貧者に対する憫みだけを意味するものではない。リアは言う、「必要を言うな!如何に賤しい乞食でも、その取るに足らぬ持物の中に、何か余計な物を持っている」。

この時、現実家シェイクスピアの目に人の姿の哀れと映じたのは、貧しきが故に何か必要なものを欠いているからではなく、貧しきにも拘らずなお何か余計なものを持っているからであった。

親と国王という権威のうちに包まれていたリアは、その事実に「殆ど心附かなかった」のだが、それを奪われて孤独になった今、彼はすべてが「ごまかし」であり、「人間、外から附けた物を剥してしまえば、皆、貴様と同じ哀れな裸の二足獣に過ぎぬ」と観念する。

グロスターもリアに韻を合わせるように言う、「この俺に行くべき道などあるものか、それなら目は要らぬ、俺は目が見えた時には、よく躓いたものだ。例は幾らもあろう、人間、有るものに頼れば隙が生じる、失えば、かえってそれが強味になるものなのだ」。

更にリアとグロスターに無一物の人間の姿を教えた筈の「裸の二足獣」エドガーすら、悲惨な父の有様を見て、なお失うべきものを持っていた事を教えられて、こう呟く、

「誰が言えよう、『俺も今がどん底だ』などと?確かに今の俺は前にくらべてずっと惨めだ。だが、あすからは、もっと惨めになるかもしれぬ、どん底などであるものか、自分から『これがどん底だ』と言っていられる間は」
Some line breaks have been made.

新潮社、福田恆存訳『リア王』p211-212

最後の「どん底などであるものか、自分から『これがどん底だ』と言っていられる間は」というセリフがこの物語における悲劇を物語っていますね。

訳者の福田氏は次のようにこの作品を絶賛しています。

『リア王』はシェイクスピア悲劇の最高峰である。のみならず、この作品において始めてシェイクスピアは彼のみが書き得る、紛れも無い彼自身の刻印を持った悲劇を書いたと言える。

これを書いていた時の彼は、他の如何なる悲劇詩人の目も届かなかったほど深く世界の核心に入込み、その秩序の崩壊と、引続いて起る醜怪な不条理の様相とを、まざまざと眼前に眺めていたのである。

これに較べれば、ギリシア悲劇の最高のものすら影が薄くなる。アイスキュロスやソフォクレスにおいてさえ、作品の裏側では常に理性が神々の世界と取引きをしてはいないか、その帳尻が必ず零になるような安定感に支えられていはしないか。
Some line breaks have been made.

新潮社、福田恆存訳『リア王』p210

ギリシャ悲劇の影すら薄くなるほどの傑作悲劇であると福田氏は述べます。それほどの完成度がこの作品にはあるということなのですね。さすがシェイクスピア悲劇の最高峰です。

Thoughts - From a Dostoevskyian Perspective

In this work, several people, including King Lear, suffer tragic fates. The tragedy of these people's lives is so horrific that we want to cover our eyes, and we are overwhelmed by their cries of grief.

ですが巻末の中村保男氏の解説では次のように述べられていました。

『リア王』は怖るべき作品である。それは私たちを畏怖させ、私たちの存在の根幹を震撼させる。それは、作中にグロスターの目つぶしという残酷な場面があり、リアがコーディーリアともども死んでしまう結末になっているからだけではない。

悪が、全く非人道的な悪がわがもの顔に跳梁し、人生の不条理が赤裸に露呈されているからである。だが、この怖るべき悲劇にも「救い」はある。それは単に厭世主義的な作品ではないのだ。(中略)

この劇の究極的な効果は、芸術の極限とも言えるほどの高みにまでおし進められた憐憫と恐怖が、秩序と美の感覚と巧みに融合し、私たちは遂には憂慮でも、ましてや絶望でもない、苦痛の中の偉大さという意識、私たちには測り知れぬ神秘がもつ荘厳さの意識に至るという点にあるのだ。

新潮社、福田恆存訳『リア王』p225-226

この作品は単に悲劇的な厭世的な物語ではない。苦痛の中にこそ人間の偉大さや測り知れぬ神秘があるのだと述べられています。

苦悩の中に救いがある。これはドストエフスキーにも通ずるものが感じられます。リア王とドストエフスキーのつながりについてはジョージ・ステイナー著Tolstoy or Dostoevsky?"にも説かれていました。

It seems to me that the greatness of this tragic work lies not merely in the fact that suffering becomes despair, but also in the fact that it looks at the depths of the human condition.

最後にこの作品とあのロシアの偉大なる文豪トルストイとのエピソードについて少しだけ紹介します。

私にとってこのエピソードはかなり驚きのものでした。

トルストイはシェイクスピアを嫌い、その『リア王』よりは『原リア』の方が遥かに秀でていると言った。第一に、彼の目には副筋が余計な夾雑物に見え、主筋の担っている主題を掻乱し曖昧にするものとしか映じなかった。

第二に、リアの激情は不自然であり、道化との対話も悪ふざけとしか思われなかったのである。が、ヒースに蔽われた荒野を駆けめぐるリアを嘲笑したトルストイの最期は、恐らく他の誰よりもリアに似ている。リアが「愚か」に見えたのは、彼がリアと同じ「愚かさ」をもっていたからであろう。が、シェイクスピアが、その作劇術が、愚劣に見えたトルストイは単に生真面目な近代小説家というだけの事に過ぎまい。

新潮社、福田恆存訳『リア王』p212

訳者の福田氏によるとトルストイはシェイクスピア作品を嫌っていたようです。

なぜトルストイはシェイクスピアを嫌ったのか、このことについては後にトルストイも読んでいきますのでその時に改めて考えていきたいと思いますが、非常に興味深いテーマですね。

※2022年7月26日追記

Tolstoy'sShakespeare and Theatre Theory.をいよいよ読むことができました。

トルストイがなぜシェイクスピア、特に『リア王』を嫌ったのかということについてこの記事でじっくり見ていきますのでぜひこちらもご覧ください。

以上、「シェイクスピア『リア王』あらすじ解説~世界最高峰の傑作悲劇!「誰が言えよう、『俺も今がどん底だ』などと?」」でした。

Next Article.

Click here to read the previous article.

おすすめシェイクスピア作品一覧はこちら

Related Articles

HOME