Akihiko Ogita, "The Stage Speaks" - A book that provides background on the Shakespeare boom in Japan! Also recommended to learn about the currents of contemporary theater!

Shakespeare, a treasure trove of masterpieces

扇田昭彦『舞台は語る』概要と感想~日本のシェイクスピア・ブームの背景を知れる1冊!現代演劇の流れを知るのにもおすすめ!

今回ご紹介するのは2002年に集英社より発行された扇田昭彦著『舞台は語る』です。

Let's take a quick look at the book.

これは、一九六〇年代から演劇記者、劇評家として第一線に立ち、舞台の熱い現場から、読者に向けリアルタイムの情報と批評を発信し続けてきた著者ならではの、現代演劇・ミュージカルのラディカルな読み解きであり、真摯なガイドブックである。現代演劇の新しい可能性を切り開いた唐十郎、寺山修司、鈴木忠志、太田省吾、蜷川幸雄らの小劇場第一世代はもちろん、井上ひさし、つかこうへい、野田秀樹から三谷幸喜、永井愛、岩松了、平田オリザ、松尾スズキ、そしていま話題のミュージカルまで最新の演劇状況を盛り込んでいる。さらに現代演劇の流れを、身体、家族劇、シェイクスピア、地域演劇など、多彩な視点から解きほぐして、分析と批評の楽しさを味わわせてくれる好著でもある。

AmazonProducts Page.

この本は前回の記事で紹介した『日本の現代演劇』と対になる作品です。

著者は巻末のあとがきでこの本について次のように述べています。

私はすでに一九九五年に『日本の現代演劇』(岩波新書)という本を上梓しているが、これは一九六〇年代以降の小劇場運動を中心に、一九九〇年代までの日本の現代演劇の流れを、私自身が体験したエピソードを交えてたどった同時代演劇史である。ただし、限られた紙数のため、この本では「新劇」と「ミュージカル」にはあまり触れる余裕がなかった。それに比べると、本書は小劇場、新劇、ミュージカルなど、現代演劇全般を幅広く扱っている。また、時代の流れに沿って書いた『日本の現代演劇』に対し、本書はテーマ別、あるいはキーワード別の記述もなっている。『日本の現代演劇』が時間軸に沿った「縦糸」だとすれば、本書は多くのテーマに即して演劇の現状を分析した「横糸」である。「縦糸」と「横糸」を合わせれば、日本の現代演劇とミュージカルに関するコンパクトな織物が出来るのではないかと思う。

集英社、扇田昭彦『舞台は語る』P221-222

In my previous article.『日本の現代演劇』では戦後から90年代初頭までの演劇の流れを知ることができました。記事の中でもお話ししましたが安保闘争や学生紛争と演劇のつながりを知れたのは私にとっても非常に興味深いものがありました。

そして今作では本の出版も2002年ということでそこからさらに最近の演劇事情を知ることができます。

特に劇団四季や『レ・ミゼラブル』など私も大好きなミュージカルの話も聞けるのは嬉しい限りでした。

And most importantly, it was a great opportunity to learn about the flow of Shakespeare's plays in Japan. The historical background of Shakespeare's boom in Japan was very interesting. The appearance of translator Takeshi Odajima and director Norio Deguchi, and the existence of the Shakespeare Theatre, of which Kotaro Yoshida was a member. The influence of Peter Brook, Trevor Nunn, and other prominent foreign playwrights. And the innovative direction of Yukio Ninagawa.

こうした流れを扇田さんの名解説で聴くことができます。扇田さんの名解説には以前当ブログで紹介した井上ひさし著Romance."からすっかりファンになっています。

この本も日本の演劇やミュージカルの大枠を掴むのに最高の手引書となっています。ぜひぜひおすすめしたい作品です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

以上、「扇田昭彦『舞台は語る』~日本のシェイクスピア・ブームの背景を知れる1冊!現代演劇の流れを知るのにもおすすめ!」でした。

Next Article.

Click here to read the previous article.

Related Articles

HOME