浄土教

Lao Zhuang and BuddhismChinese Buddhism, Thought and History

MIKUSABURO MORI, "Laozhuang and Buddhism" - A stimulating book that provides insight into the relationship between Laozhuang and the reception of Buddhism in China!

This book is a tremendously interesting classic! It's one of those books that is so stimulating it sparks your brain!"

Well, I am here for this book. This book is definitely one of the best books on China that I have ever read on this blog. I would say that this book ranks at the top not only in China but also in all books related to Buddhism. It is such an interesting book.

The main theme of this book is how Buddhism, which came from India, was accepted and transformed in China, and this is extremely exciting.
The book also includes an overview of Lao Zhuang philosophy, the relationship between Chinese Buddhism and politics, the development of Zen Buddhism and Pure Land Buddhism, and other interesting details that just keep coming up in this book. Oh no, it's interesting! It sparked my brain.

Bhagavad GitaIndian thought, culture and history

Synopsis and Comments on "The Bhagavad Gita" - Hinduism's deepest secrets that live on today! And its connection to Mahayana Buddhism!

The Bhagavad Gita is quite compact, about 140 pages in paperback. Katsuhiko Uemura's translation is very easy to read, and there are more than 50 pages of commentary at the end of the book, which is very helpful.

この本では大乗仏教の教えと非常に近い思想がどんどん語られます。

やはり仏教もインドの思想や文化の枠組みの中で生まれたのだなということを強く感じました。もちろん、それはインド神話から仏教への一方通行ということではなく、お互いが影響し合ってのことだと思います。

仏教を学ぶ上でもこれは大きな意味がありました。いや、仏教だけに収まらず、宗教、人間そのものにも目を開かせてくれる珠玉の聖典でした。インド思想、インド文化にますます惹かれている自分を実感しています。

〈文化〉としてのインド仏教史Buddhism in India

Yasuaki Nara, "History of Indian Buddhism as 'Culture'" - A great book that I highly recommend to monks who are troubled by criticism of funeral Buddhism!

この本は「僧侶としてのあり方に悩む方」にぜひおすすめしたい作品です。

文献に書かれた教義だけが仏教なのではなく、そこに生きる人々と共に歩んできたのが仏教なのだというのがよくわかります。私自身、この本にたくさんの勇気をもらいました。仏教は現代においても必ずや生きる力に繋がるのだということを私は感じています。

僧侶以外の方でも、仏教における儀礼の意味に興味のある方には多くの発見がある作品です。

ぜひぜひおすすめしたい名著です。著者の信念が伝わってくる素晴らしい一冊でした。

大乗の仏の淵源Buddhism in India

Tomomichi Nitta, "The Abyss of the Buddha in the Mahayana" - There was no mythologizing of the Buddha! What is Gen Nakamura's Critique of the Historical View of Buddha? From "Series on Mahayana Buddhism, Volume 5: Buddha and Pure Land - Mahayana Buddhist Scriptures II

今作では浄土経典について説かれるということで浄土真宗僧侶である私にとって非常に興味深いものがありました。

特に第二章の新田智通氏による「大乗の仏の淵源」は衝撃的な内容でした。これは仏教を学ぶ全ての人に読んで頂きたい論文です。

「シリーズ大乗仏教」は2010年代初頭当時における最新の研究が反映されています。かつては主流だった仏教理解が今や通用しなくなっているということを肌で感じた作品でした。

新田智通氏の衝撃的な論文が収録された『シリーズ大乗仏教 第五巻 仏と浄土—大乗仏典Ⅱ』は仏教を学ぶ全ての方におすすめしたいとてつもない一冊です。このシリーズの中でも圧倒的に印象に残った作品です。

The World of the Bhagavad GitaIndian thought, culture and history

Katsuhiko Uemura, "The World of the Bhagavad Gita: The Salvation of Hinduism" - A masterpiece that also provides insight into Japanese culture and its connection to Mahayana Buddhism!

It is no exaggeration to say that the Japanese are, so to speak, "hidden Hindus. One of the purposes of this book is to show that."

It's a shocking word, isn't it?

But in this book, these words feel all too real. The connection with Japanese culture and Mahayana Buddhism is explained very clearly.

この本自体は『バガヴァッド・ギーター』の解説書ということでなかなか手が伸びにくい作品であるかもしれません。ですがそこは少し見方を切り替えてこの本を仏教書として見てみてはいかがでしょうか。

The book is designed to be read without any knowledge of ancient India or Indian thought. At the same time, the work is easy enough to understand that it can also serve as an introduction to Buddhism. This is a great book.

インド大乗仏教の虚像と断片Buddhism in India

G・ショーペン『インド大乗仏教の虚像と断片』~インド仏教研究に革命を起こした泰斗による最新の論文集!

今作もショペン節全開で刺激的な読書になること間違いなしです。

私の中で特に印象に残っているのが第3章の「ブッダの遺骨と比丘の仕事」と第8章の「クシャーナ期阿弥陀仏像碑文とインド初期大乗の特質」です。

「原始仏教は葬式をしない。遺骨への供養も存在しない。それなのに日本仏教は葬式や先祖供養をする。これは仏教として間違っている」

このような批判が今も根強く残っていますが、実はこの批判そのものがもはや学術的に成立しないことがショペンの説から明らかになります。当時のインド仏教徒にとっても遺骨の存在は大切なものだったということが考古学的な証拠から明らかにされつつあります。これは刺激的な論稿でした。

また真宗僧侶である私にとって阿弥陀仏像の碑文のエピソードは非常に興味深いものがありました。