Buddhist writings

スリランカの大乗仏教Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Mori Sodo, "Mahayana Buddhism in Sri Lanka" - Mahayana took root in Sri Lanka, a country famous for Theravada Buddhism! And the transition of the statue of Avalokitesvara Bodhisattva

スリランカといえば上座部仏教というのが当然視され、大乗仏教の存在はほとんど顧みられることはありませんでした。

そして実際にスリランカの大乗仏教の流れ自体は十二世紀後半に途絶えてしまうのですが、文化というのは面白いもので「公式には消滅したとしても、形を変えて生き続ける」ということが起こり得ます。

それがこの記事のタイトルにも書きましたように観音菩薩の変遷という現象となってスリランカに溶け込んでいたのでありました。

いや~スリランカは面白い!この本も非常に刺激的な一冊でした。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

現代スリランカの上座仏教Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

前田惠學編『現代スリランカの上座仏教』~現代スリランカ仏教を体系的に学べる大著!

日本仏教が様々な宗派に別れていてそれぞれ教義や作法が全く異なるように、スリランカ仏教と一言で言ってもそこにはさまざまな違いがあります。

本書ではそんな現代スリランカのそれぞれの宗派やその成り立ちなどを体系的にわかりやすく学ぶことができます。頭が混乱していた私にとってこれは実にありがたい作品でした。

スリランカの各宗派の特徴や教義、さらにはスリランカの人々の生活レベルの仏教が体系的にまとめられた本書は非常に貴重です。葬儀や日々のお参りなどについても詳しく説かれますので日本の仏教と比較しながら読んでいくのもとても面白いです。

ブッダの生涯Buddhism in India

Akira Hirakawa, "The Life of the Buddha: Reading the 'Buddha's Praises'" - Recommended introductory book that looks at the life of the superhuman Buddha based on the Chinese translation of the Buddha's biography.

In our previous article, we introduced the Buddhacharita, a Buddhist epic by Ashvaghosa, who was active around the 2nd century.

This "Buddhacharita" was translated into Chinese around A.D. 430 as "Buddhacharita" (仏所行讃) by Cloudy I-Ching. It was introduced to Japan and passed down to Japanese Buddhists. Saicho, Kukai, Honen, and Shinran must have read this Buddhist biography and thought about Buddha.

This book is an introduction to Buddhism in which the life of the Buddha is explained in an easy-to-understand manner while reading a transcript of this Chinese translation of the Buddha's Praises for the Practice of Buddhism.

manu codeIndian thought, culture and history

The "Code of Manu" - The cornerstone of Indian Hindu society. Scriptures expounded on a grand scale from the creation of the world to the laws of human reason.

The Code of Manu is more than just a law book. The first thing that surprises you when you start reading "The Code of Manu" is that the scripture suddenly begins with the story of creation. It begins with a magnificent cosmology and worldview centering on the Creator, Brahman, and from there, it tells us how we should live and what should be the norms and rules for our lives.

In reading the Code of Manu, I strongly feel that Hindu practices and ideas are incorporated into every aspect of life. Furthermore, I found that not only that, but also detailed regulations are set forth in the rites of passage from birth to death. I strongly felt that the Hindu view of the world is carried through from birth to death, and even to the afterlife.

The Code of Manu is a very significant scripture in the study of Buddhism.

ヒンドゥー教と叙事詩Indian thought, culture and history

Hinduism and Epic Poetry, Volume 30 of Gen Nakamura's Selected Works - A masterpiece that also provides insight into the connections with Buddhism and Japan! Experience the depth of Indian thought

中村元先生は宗教を単に思想や理論として見るのではなく、当時の社会状況と合わせて考察していきます。インドにおける宗教を知るには、インドそのものも視野に入れて考えていかなければなりません。

なぜインドではヒンドゥー教が栄え、仏教は衰退していってしまったのか。そのことをこの本では見ていくことができます。そこには単に思想面だけではなく、もっと大きな社会的要因が絡んでくるのでありました。

また、この本では書名にありますようにインド二大叙事詩『マハーバーラタ』と『ラーマーヤナ』についても詳しく見ていくことができます。仏教学者中村元先生ならではの視点で説かれるインド神話の講義を聴けるのは非常に興味深いものがありました。

新アジア仏教史04Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

New Asian Buddhist History 04: Sri Lanka and Southeast Asia: Buddhism in Stillness and Motion" - A reference book with useful information for visiting sacred sites in Sri Lanka.

この本ではスリランカの仏教の歴史や現地事情を知ることができます。また、スリランカの仏教聖地についても語られていますので、実際にスリランカを訪れる方にとっても便利な一冊となっています。私も近々スリランカを訪れる予定ですのでとても参考になりました。

もちろん、スリランカだけではなく他地域の仏教についても見ていく参考書なので、それぞれの関心に合わせて読むこともできます。

東南アジアの仏教を一冊の本でまとめて学ぶことができる本は貴重です。仏教の入門書としてはなかなか難しい作品ではありますが、東南アジアの仏教をもっと知りたいという方におすすめの一冊です。

仏教の正統と異端Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Baba Noritoshi, "Buddhist Orthodoxy and Heresy: The Establishment of the Pali Cosmopolis" - An exciting book to learn about Sri Lankan Buddhism and its relationship with India and its history!

この本はものすごく面白いです!インド、スリランカの仏教を国際政治、内政の視点から見ていくというのはありそうであまりなかったのではないでしょうか。

私も今年スリランカに行く予定でしたのでこれはものすごくありがたい本でした。この記事でお話ししたのは本書の内容の極々一部です。とにかく盛りだくさんで刺激的な内容だらけです。読み始めは少し込み入った話や仏教初学者の方にとっては厳しい内容もありますが、途中からはスリランカの歴史パートに入り一気に読みやすくなります。

これはぜひぜひおすすめしたい一冊です。いや~面白い本でした!ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

英国の仏教発見Buddhism in India

F. C. Almond's "The Discovery of Buddhism in England" - Buddhist Studies was born from a desk in England! The roots of Mahayana Buddhism criticism come from here.

この作品では衝撃的な事実が語られます。以前当ブログでも紹介した『新アジア仏教史02インドⅡ 仏教の形成と展開』でも西洋由来の仏教学の問題について語られていますが、本書はまさにその本丸と言ってもよい作品になります。

この本を読むと、「原始仏教に帰れ。日本仏教は堕落している」という批判が出てくる理由がよくわかります。これまでどうしても腑に落ちなかった大乗仏教批判に対して「ほお!なるほど!そういうことだったのか」という発見がどんどん出てきます。この批判が出てくる背景を追うととてつもない事実が浮かび上がってきます。これは最高に刺激的な一冊です。とてつもない作品です。もうぜひ読んで下さい!きっと皆さんも衝撃を受けると思います。

〈文化〉としてのインド仏教史Buddhism in India

Yasuaki Nara, "History of Indian Buddhism as 'Culture'" - A great book that I highly recommend to monks who are troubled by criticism of funeral Buddhism!

この本は「僧侶としてのあり方に悩む方」にぜひおすすめしたい作品です。

文献に書かれた教義だけが仏教なのではなく、そこに生きる人々と共に歩んできたのが仏教なのだというのがよくわかります。私自身、この本にたくさんの勇気をもらいました。仏教は現代においても必ずや生きる力に繋がるのだということを私は感じています。

僧侶以外の方でも、仏教における儀礼の意味に興味のある方には多くの発見がある作品です。

ぜひぜひおすすめしたい名著です。著者の信念が伝わってくる素晴らしい一冊でした。

大乗仏教のアジアBuddhism in India

Mahayana Buddhism Series, Volume 10: Mahayana Buddhism in Asia" - Indian Buddhism also practiced funerary Buddhist bone worship, bone storage, and memorial services.

今作はヒンドゥー教やイスラーム、中国文化とのつながりから大乗仏教を見ていくというユニークな論集となっています。

そしてこの本の中で次のような指摘がなされます。

「大雑把な言い方をすれば、葬式仏教的な要素がインド以来、現実の仏教の場で強く働いていたことが知られる。従来しばしば、インドの本来の仏教は生者のためによりよい生き方を教えるもので、死者のためのものではないと主張され、日本の葬式仏教を否定するような言説がなされてきたが、それはまったく実態にそぐわないことが、明白に示されたのである。」

このようなショペンの刺激的な論文を読むことができるおすすめの参考書です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。