Lugon McCall Series

Impressions of the Summer Recounted in Autumn - Trip to Paris and Georgia

(14) To Zola's house in Medan, a suburb of Paris - with the gentle stream of the Seine loved by the great writers of France.

この記事ではパリ郊外メダンにあるゾラの家をご紹介します。

『ナナ』などの大ヒットによって資産を蓄えたゾラが長い年月をかけて完成させたのがこの邸宅になります。

フランスの文豪が愛したセーヌ河畔の静かな住宅地。

小舟を浮かべて時を過ごしたとされる美しきパリ郊外の雰囲気もこの記事では紹介していきます。

Impressions of the Summer Recounted in Autumn - Trip to Paris and Georgia

(9) A panoramic view of Paris from the Sacré Coeur: a huge church on the hill of Montmartre, associated with Zola's late masterpiece novel "Paris".

In our previous article, we introduced the places associated with Emile Zola's "Lugon Makkar Series".

And in this article, we will introduce the Sacré Coeur Abbey, the main setting of "Paris," the final volume of the "Three Cities Twins," which Zola wrote in full after completing the "Lugon-Macall Series.

This church is famous for its spectacular view of Paris, but from a Zola fan's point of view, it has a completely different meaning. What Zola thought about this church will be introduced in this article.

Impressions of the Summer Recounted in Autumn - Trip to Paris and Georgia

(8) A roundup of sites associated with Zola's "Lugon MacCarl Series" in Paris - set in Paris under the Second Empire of France.

In this article, I will introduce the places associated with "The Lugon Makkar Series," a masterpiece by Emile Zola, a writer I respect and admire.

The "Lugon McCall Series" is just fascinating. And I suspect that nothing has exposed the workings of the modern society we live in as much as this group of works.

We encourage you to first pick up a copy of even one of the masterpieces by the genius that is Emile Zola. And please be shocked by its powerful blow.

I would highly recommend "Izakaya" and "Nana" as they are available in paperback.

To enjoy "Les Miserables" even more

Shigeru Kashima, "Tomorrow is the Ball" - How the dream society really is! Explains the love and marriage patterns of Parisian women!

For women, a ball is a battlefield. The way you behave here can have a decisive impact on the rest of your life.

The book may destroy your longing for a dreamy moment with dandies in elegant social circles, dressed in glamorous costumes.

It seems that the social scene was a more serious and realistic battleground than I had imagined.

It is a perfect book to learn about the view of marriage and the love affairs of men and women at that time.

You can see why French literature is full of sludgy affairs and love stories.

Zola and DostoevskyEmile Zola, the blog author's favorite author.

I thought about the difference between Zola's and Dostoevsky's views on human beings and the existence of a blank space.

この記事ではゾラとドストエフスキーの人間観、そして空白の有無という切り口から2人の作家を考えていきます。

空白の有無が謎を呼び、その謎が議論を生み、議論が議論を拡大する。

ゾラとドストエフスキーの違いがこうした面からも見れたのは私にとっても非常に興味深いものでありました。

Zola and DostoevskyEmile Zola, the blog author's favorite author.

Historical Background and Differences in Moral Consciousness between French and Japanese as Seen from Zola

ヨーロッパと日本という関係性、道徳観の違い。

これもゾラが日本でマイナーであった大きな要因であるように思います。

ですが現代はかつてのように貧しい社会や強力な「家の論理」が支配する日本ではありません。

何度もこのブログで申していますように、フランス第二帝政期は私たちのライフスタイルに直結しています。

現代を生きる私たちの生活はまさにゾラの描く世界がベースにあるのです。

であるならば、日本においては今こそゾラの描く小説が最も意味を持つ時代なのかもしれません。

Zola and DostoevskyEmile Zola, the blog author's favorite author.

Why Zola is minor and Dostoevsky is popular in Japan - Misunderstanding of Zola

前回の記事ではフランスでの発行部数からゾラの人気ぶりを見ていきました。

その圧倒的な売れ行きからわかるように、ゾラはフランスを代表する作家です。

ですが日本で親しまれている大作家が数多くいる中で、ゾラは日本では異様なほど影が薄い存在となっています。

なぜゾラはこんなにも知名度が低い作家となってしまったのでしょうか。

今回の記事では日本でゾラがマイナーとなってしまった理由と、それと比較するためにドストエフスキーがなぜ日本で絶大な人気を誇るのかを考えていきたいと思います。

human beastEmile Zola, the blog author's favorite author.

How great a writer was Zola - Zola's popularity as seen by the number of copies published in France.

ゾラは日本ではあまり知名度が高くはありませんが、フランスでは最も愛されている作家の一人です。

日本にいるとその偉大さは伝わりにくいですが、ちょうど私が読んだ『獣人』藤原書店、寺田幸德訳の訳者解説にフランスでのゾラ作品の発行部数が載っていたので、この記事ではその数字を参考にいかにゾラがフランスで人気だったのかを見ていきます。

Emile Zola, the blog author's favorite author.

What is Emile Zola's Novel Style and Naturalistic Literature - What makes Zola so great?

ある作家がどのようなグループに属しているのか、どのような傾向を持っているのかということを知るには〇〇主義、~~派という言葉がよく用いられます。

ですが、いかんせんこの言葉自体が難しくて余計ややこしくなるということがあったりはしませんでしょうか。

そんな中、ゾラは自分自身の言葉で自らの小説スタイルである「自然主義文学」を解説しています。それが非常にわかりやすかったのでこの記事ではゾラの言葉を参考にゾラの小説スタイルの特徴を考えていきます。

Emile Zola, the blog author's favorite author.

The Monk's Choice! 7 recommended works by Emile Zola! An exciting human drama full of troubles for you!

Zola's work is the best textbook for understanding how the world works.

How does this society work? Why do people fight? Why can't people resist their desires? What kind of methods do people use to take advantage of other people's desires?

そして何より、とにかく面白い!私はこれまでたくさんの作家の作品を読んできましたが、ゾラはその中でも特におすすめしたい作家です!

この記事では名著揃いのゾラ作品の中でも厳選した7作品を紹介していきます。