Spain

Don QuixoteDon Quixote, the beloved itinerant knight.

List of recommended reference books and commentary articles on "Don Quixote" - The world's greatest novel is still interesting! The more you know about it, the more you enjoy its charm!

Don Quixote" is interesting! There is no doubt about this.

And it is not only interesting, but its depth is also extraordinary. It has been loved by great people all over the world.

To enjoy "Don Quixote" even more, this article introduces recommended books!

heck-bent on robbing a robberYukio Mishima and Japanese Literature

Ryunosuke Akutagawa's "Jigoken" Synopsis and Impressions - To complete the picture of hell, one must see hell... A masterpiece depicting the madness of a genius painter!

When I read this work, I find myself surrounded by tension as if I am watching a suspenseful movie. It is not so bad until the genius painter Yoshihide chains up his apprentice or sparks an owl. It's just like, "Here we go again with Yoshihide's eccentricities. But from there, a strange feeling of foreboding gradually emerges in our minds, and it becomes more and more eerie. We start to get nervous, thinking, "No way, what is Yoshihide trying to do? This style of storytelling, which gradually and progressively builds up fear and anxiety, is a model of vivid storytelling that can be said to be a model of mystery. This is indeed Ryunosuke Akutagawa.

This work even shows Akutagawa's ambition: "An artist of words can perfectly portray a mad painter who is trying to create a perfect picture.

It is easy to see why this work is regarded as a masterpiece among Akutagawa's literature.

コーヒーが廻り世界史が廻るBuddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

臼井隆一郎『コーヒーが廻り世界史が廻る』~コーヒーが変えた西洋近代社会!コーヒーから見た世界史を学べるおすすめ本!

本書『コーヒーが廻り世界史が廻る』は副題に「近代市民社会の黒い血液」とありますように、コーヒーが近代社会にいかに影響を与えたのかということを見ていける作品です。

そしてイギリスだけでなくフランスやドイツなどにおけるコーヒー事情も詳しく語られますのでとても刺激的です。フランス革命やナポレオンにもコーヒーは大きく絡んできます。

「コーヒーを通して見る世界史」と言うべき素晴らしい作品です。これは面白い!コーヒー好きの私にとって非常に刺激的な一冊でした。

チョコレートの世界史Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

武田尚子『チョコレートの世界史』~近代から現代へのチョコの変遷やキットカットについての驚きの情報を知れるおすすめ解説書

私達にも身近なチョコレートは近代化の産物です。特にイギリスの産業革命によってチョコレートはそれまでとは大きく違った意味を持ち始めます。その流れを知れる本書は非常に刺激的です。

また、本記事のタイトルにも書きましたが私達もよく知るキットカットの歴史もこの本では知ることができます。

本書を読めばこうしたチョコ菓子が人気になっていくのもまさに近代化の影響だったということがよくわかります。

私達の身近な生活にも直結するチョコレートの成り立ちを知るのにこの本はとてもおすすめです。前回紹介した『チョコレートの歴史』とセットで読めばさらに理解が深まること間違いなしです。

The Legacy of Buddhist ModernismBuddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Yoshio Sugimoto, "The Legacy of Buddhist Modernism" - Why did the Sri Lankan Civil War Occur? Buddhist Nationalism and the Link Between Religion and Violence

Sri Lankan scholar Ovesekara called the Sri Lankan Buddhism created by Dharmapala "Protestant Buddhism (Reform Buddhism). Sri Lankan Buddhism may give the impression that it is the inheritance of the oldest Buddhism, but in fact it was not, but rather a movement that became active in the 19th century. This book takes a detailed look at the history of how Buddhism and Sinhalese nationalism became linked and led to civil war. In particular, we will take a close look at the life of Dharmapala, as if he were a biography. The book is a unique history of Sri Lankan Buddhism.

Travels in Rome" - Charms of the Theater City of Rome and Pilgrimage to Bernini

(32) Bernini, who incorporated the Jesuit Church of Jez and its founder Ignatius de Loyola's "Spiritual Manipulation" meditation method into his sculptures.

今回の記事ではベルニーニの芸術に大きな影響を与えたイエズス会の創始者イグナティウス・デ・ロヨラの『霊操』の瞑想と総本山ジェズ教会についてお話ししていきます。

あのザビエルが所属していた修道会がこのイエズス会です。そして私も学んでいて驚いたのですが、イエズス会ができたのはなんと1534年のことで、ローマ教皇パウルス五世に正式に認可されたのが1540年という割と最近の話だったのである。ザビエルはその創設メンバーの一人だった。イエズス会というと、植民地戦略や政治的な面をイメージしてしまいがちですが、実は瞑想や宗教的実践を強く重んじていた側面もありました。そしてベルニーニはまさにそうした宗教的実践を重んじ日々生活していて、それが作品に顕著に表れていたのでした。これは非常に重要なポイントであると私は思います。

Travels in Rome" - Charms of the Theater City of Rome and Pilgrimage to Bernini

(1)ローマの玄関ポポロ門とポポロ広場~一瞬で旅行者を引き込む目の一撃!劇場都市ローマの真骨頂とは!

私のローマ旅行記の記念すべき第一回目はローマの玄関口ポポロ門とポポロ広場です。

私もテルミニ駅から地下鉄を使ってポポロ門までやって来ました。

ゲーテやスタンダールもここを通りました。私が好きなドストエフスキーもメンデルゾーンもここを通ったことでしょう。

私にとってローマはベルニーニの街であり、あのゲーテが褒め称えた街でもあります。何事も「始め」が肝心。これからのローマ滞在にとって大いに弾みとなった初日でした。

The Rise and Fall of the Roman Empire, the Vatican, and Roman Catholicism

Yoshio Kikuchi, "Two Thousand Years of Mercenaries" - A great book that will change the way you see world history! A recommended gem found in the process of studying Sacco di Roma!

The beauty of this work is that it allows us to look at history from the very beginnings of mercenaries.

This book is a very exciting look at historical changes from ancient Greece in terms of "mercenaries".

人間ははるか昔から戦争を繰り返してきました。しかしその戦争を戦っていたのは誰だったのか。もちろん、その主役は王侯貴族だったかもしれません。しかしひとりひとりの兵士はどこからやって来たのか。そしてどのようなシステムで戦争は行われてきたのか。

一度知ってしまえば世界の見え方が全く変わってしまう恐るべき名著です!