スコットランド

British and German Literature, History and Culture

Harumi James, "The Scarlet Queen" - Recommended biography to learn about the life of Mary, Queen of Scots, a tragic, too tragic woman.

悲劇的、あまりに悲劇的!

この伝記を読んで私は思わず頭を抱えてしまいました。

こんなに悲劇的な人生があるだろうかと思わず涙が出そうになってしまいました。

この伝記で描かれるメアリ・ステュアートがあまりに魅力的で、こんな偉大な人物がどうしてここまで悲劇的な目に遭わなければならないのかと運命を恨みたくなります。

この伝記はぜひぜひおすすめしたいです。ジェイムズ治美さんの語り口も素晴らしく、あっという間に引き込まれてしまいました。この本を読めばイギリス・スコットランドの見え方が変わってくるほどです。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

Marx Engels Writings and Related Works

Yohei Nakajima, "The Eve of Socialism: Saint-Simon, Owen, and Fourier" - Was Marx's label of imaginary socialists unjustified?

Saint-Simon, Owen, and Fourier were labeled "fantastical socialists" by Marx Engels. This book looks at whether these three men were really fantastical socialists.

As stated in the book introduction above, this is a stimulating work that provides an insight into its reality, which is "neither fanciful nor socialist".

Don Quixote, the beloved itinerant knight.

T. Bulfinch's "A New Translation of King Arthur's Tales" Synopsis and Commentary - The Royal Tale of the English Medieval Knight! And the connection to Don Quixote.

This book will be a work compiled as a guidebook to get a general overview of the vast "Tales of King Arthur".

I would highly recommend this piece. The story is dramatic and enjoyable. I am convinced that this story has had a great influence on modern fantasy and video game productions. The Holy Sword Excalibur and the legend of the Holy Grail are exciting even for those of us living in the modern age. I think this work can be called the royal road of storytelling.

It was also interesting to read it while thinking about the connection to "Don Quixote"!

Don Quixote, the beloved itinerant knight.

M. J. Dougherty, "Illustrated King Arthur and the Knights of the Round Table" - A recommended guide to learn the outline and history of the Arthurian story!

When it comes to medieval knightly tales, "The Tales of King Arthur" cannot be missed.

You have probably heard of "The Tales of King Arthur" before, even if you don't know what it is about.

And in fact, the famous "Knights of the Round Table", "Legend of the Holy Grail" and "Holy Sword Excalibur" are mentioned in this story. This is interesting.

It is also visually friendly with numerous illustrations, making it easy to read.

This is a great book for an introduction to King Arthur. This was a much appreciated work.

I highly recommend this guidebook.

Marx Engels Writings and Related Works

ロバート・オウエン『オウエン自叙伝』~イギリスの空想主義的社会主義者の第一人者による自伝

社会主義者というとマルクスやエンゲルスなどのイメージで革命家とか経済学者、哲学者のイメージがあるかもしれませんが、オーウェンは全く違います。彼は根っからの商人であり、実業家でした。

彼が自分の工場でなした改革は今でも評価されるほど人道的でした。

資本家はあまねく強欲であり、労働者を搾取する悪人だという考え方には明らかに収まりきらないものがオウエンにはあります。

この『オウエン自叙伝』ではそんなオウエンがなぜそのような思想に至るようになったのか、彼の原動力とは何だったのかを知ることができます。読めばきっと驚くこと間違いなしです

Learn about the life and thought background of Marx Engels

List of "Learning from the Life and Thought Background of Marx Engels" Articles - Is Marx a Religious Phenomenon, Based on Historical Background and Thought Formation?

This article will summarize all 69 articles introduced in the series titled "Learning from the Lives and Thought Backgrounds of Marx and Engels".

These will give you a fairly detailed background on the emergence of Marx's and Engels' ideas. And this will give you a great insight not only into Marx-Engels, but also into religion, thought, culture, politics, and even the nature of human beings themselves.

We hope you will use this article as a table of contents for this series of articles.

Marx Engels Writings and Related Works

Engels' masterpiece "From Imagination to Science" - A best-selling introduction to Marxism! Is Marxism a religious phenomenon?

難解で大部な『資本論』と、簡単でコンパクトな『空想から科学へ』。

この組み合わせがあったからこそマルクス主義が爆発的に広がっていったということができるかもしれません。

「マルクスは宗教的な現象か」というテーマにおいてこの記事では私の結論を述べていきます。エンゲルスはこの作品においてとてつもないことを成し遂げました。

この作品はマルクス思想を考える上で『資本論』と並んで決定的な意味を持つ作品です。ぜひ読んで頂きたい記事となっています

Marx Engels Writings and Related Works

Overview and Comments on Engels' "Anti-Dühring Theory" - Engels' masterpiece that had a huge impact on the propagation of Marxism.

『反デューリング論』はマルクス主義の重要解説書として非常に重視されてきました。マルクスの著作、特に『資本論』は膨大で難解過ぎました。そんな書物のエッセンスを抽出し、マルクス主義をわかりやすく解説したものとして出版されたのがこの本です。

たしかにこの本は読みやすいです。

超難解な『資本論』に対してこうしたわかりやすくてドラマチックな物語が書かれた『反デューリング論』という存在があったことがマルクス主義の伝播にどれほど役に立ったかは計り知れません。

Marx Engels Writings and Related Works

アダム・スミス『国富論』概要と感想~「見えざる手」で有名な古典経済論。資本主義の暴走はこの本のせい?

この本が書かれたのはマルクスが『資本論』を書くおよそ90年前です。マルクスは当然アダム・スミスの著作も読んでいました。

マルクスといえば資本における独自な理論や「剰余価値」などの有名な言葉を生み出したというイメージがありましたが、それらは彼が突然「歴史上誰も考えたこともない新説」を思いついたわけではなく、こうした経済学の歴史の流れで彼が到達した考えなのだなということを知ることができました。

Marx Engels Writings and Related Works

Summary and Comments on Takuo Dome's "Adam Smith" - Recommended reference book to clear up the misunderstanding of the "Invisible Hand".

この作品はスコットランドの経済学者アダム・スミスの『道徳感情論』と『国富論』についての参考書です。

アダム・スミスといえば「神の見えざる手」で有名です。

しかしこの「見えざる手」が通俗的な理解では誤解されているというのがこの本で学ぶことができる最大のメリットです。

アダム・スミスが『国富論』で本当に言いたかったのは何だったのか。それをこの本でじっくりと見ていくことになります。