Andersen

Recommended Sightseeing Spots in RomeThe Rise and Fall of the Roman Empire, the Vatican, and Roman Catholicism

List of Recommended Reference Books on Rome - History, Culture, Religion, and Art! A list of great books that will make Rome more interesting!

In the previous article, "Monks' Recommendation: 15 Sightseeing Spots in Rome! From the Royal Road to Maniacal Churches, Taste the Ultimate in Beauty" introduced the recommended spots in Rome, and in this article, we will introduce a recommended reference and guidebook to enjoy Rome even more.

Please refer to each link for a more detailed discussion of the book.

Rome is so deep. It is like a bottomless swamp that the more you know about it, the more you become addicted to it. I, too, have become completely obsessed with this Roman wanderlust.

I hope this article has been helpful to you.

Travels in Rome" - Charms of the Theater City of Rome and Pilgrimage to Bernini

(6) A panoramic view of the Foro Romano from Palatine Hill! The marble of St. Peter's Basilica came from here!

私はこの旅に出る前、古代ローマの栄枯盛衰の物語にそれこそどっぷりはまってしまい、様々な本を読むことになりました。

カエサル、キケロー、ブルータス、アウグストゥス、アントニウス、クレオパトラ、セネカ、カリギュラ、ネロ、トラヤヌス、ハドリアヌス、マルクス・アウレリウス・・・歴史に名を残す錚々たる人物達がここに生きていたのだ。なんと浪漫溢れることだろう!

やはりローマに来たらフォロ・ロマーノは必須だ。ローマに来たならここに来なければならない。

Even non-history buffs will be overwhelmed by the sheer scale of the amazing prosperity and collapse of 2000 years ago.

Travels in Rome" - Charms of the Theater City of Rome and Pilgrimage to Bernini

(5) The Colosseum, a symbol of ancient Rome, and Goethe Andersen: The Romanticism that Fascinated Men of Letters

ローマ観光の定番中の定番のコロッセオでありますが、やはりここは面白い。その巨大な姿による圧倒的な視覚効果はもちろん、歴史的な背景も非常に興味深いです。

現代でこそ発掘と保全が進み今のような姿となっていますが、実は19世紀後半までのコロッセオは草の生い茂る牧歌的な姿をしていました。

そして私はこの巨大なコロッセオを眺めながらゲーテの巨人ぶりに圧倒されるほかありませんでした。私はこのコロッセオでゲーテの偉大さを改めて思い知ることになりました。ゲーテ、ゲーテ、ゲーテ!やはりあなたは恐るべき超人だ!私はあなたにひれ伏すしかない。

Travels in Rome" - Charms of the Theater City of Rome and Pilgrimage to Bernini

(3) Visit the long-established Caffe Greco in Rome - a sanctuary for artists where Goethe, Andersen, and Mendelssohn also frequented.

ローマのスペイン広場近くにあるカフェ・グレコはあのゲーテやアンデルセン、メンデルスゾーンやベルリオーズなど数え切れないほどの著名人が時を過ごした名店で、文学や絵画、音楽好きにはたまらない聖地となっています。

さすが200年以上の歴史を持つ老舗。ノスタルジーを感じるにも最高です。

私もローマ滞在中何度もここへ足を運びました。何度来てもわくわくする空間です。憧れの偉人たちがここにいたのだという思いに毎回興奮していました。

A Taste of Goethe, Germany's Great Poet

Goethe's "Travels in Italy" Synopsis and Impressions - A masterful travelogue that had an enormous impact on 19th century Europeans.

In a sense, this travelogue may be said to be a book that provides insight into the mindset of an artist. I believe that "Travels in Italy" is a book that describes the process of how one perceives the world in front of one's eyes and how one penetrates into the secrets that lie deep within.

ゲーテの『イタリア紀行』に憧れたヨーロッパ人が、彼のように思索しようと旅に出たのも頷けます。ものすごく格好良く、面白い作品です!

The Rise and Fall of the Roman Empire, the Vatican, and Roman Catholicism

Toshiro Nakajima, "The English Way of Travel: From Grand Tours to Garden Culture" - A recommended work explaining world travel as an essential culture for aristocrats!

この本を読んで、メンデルスゾーンがグランド・ツアーに出掛けた理由が鮮明に見えてきたような気がしました。自身の教養を高め、実践によって「正確にして繊細」な感性を養い、同時に世界各地で人脈も広げていく。当時の有力な子弟の黄金パターンとしてメンデルスゾーンが旅に出たことがわかります。

西欧の旅文化・美学を知れる非常に面白い本です!おすすめ!

Dreamland Disneyland Research

Andersen's "The Snow Queen" Synopsis and Comments - Consider the differences from the Disney film in "as it is".

アンデルセンの原作とディズニー映画の違い、特に「ありのまま」ということについてこの記事では考えていきます。

ある意味、『アナと雪の女王』は私達の置かれている時代背景、時代精神を表している鏡です。つまり、私達の心の要求、不安、悩みがそこに投影されていると言えます。

皆さんにとって意外に思われる内容をこの記事ではお話ししていくことになります。

Dreamland Disneyland Research

Andersen's Masterpieces: The Little Matchmaker / The Little Mermaid" - Andersen's fairy tales that only adults can read!

子供の時以来のアンデルセン童話は想像していたよりもはるかに奥深い作品でした。

そこには大人だからこそわかる物語の繊細さがあります。大人になって色んな経験をし、人生について様々な思いがあるからこそ見えてくるアンデルセン童話の味わい。

この切なさ、繊細な感受性をぜひ味わってみて下さい。本当に面白いです。おすすめです!

The Amazing Life of Mendelssohn, the Miraculous Musician

Kyoko Nakano, "The Secret Love of Artists: Mendelssohn, Andersen and Their Times" - Unexpected relationship between Jenny Lind, a diva, and two

19世紀を代表する作曲家メンデルスゾーン、デンマークの童話作家アンデルセン、スウェーデンの歌姫ジェニー・リンド。これら3人の大芸術家たちが織り成す物語。そして中野京子さんの筆が冴える冴える!とにかく面白い作品です!面白過ぎてあっという間に読んでしまいました。音楽ファンならずとも楽しめること請け合いです!