Shigeru Kashima

French Literature, History and Culture

Shigeru Kashima, "A Literary Guide to Paris" - A guidebook to Paris for fans of French literature! Read this and you will want to go to Paris!

This book will be a guide to Paris by Shigeru Kashima, a well-known French literary scholar on our blog.

そしてこの作品の特徴は何と言っても、パリの文学ゆかりの地を鹿島氏の名解説と共に見ていくことができる点にあります。

パリの名所ひとつひとつを文学と絡めてお話しして下さるこの本はフランス文学ファンにはたまらない作品となっています。

これを読めばパリに行きたくなること間違いなしです。ぜひぜひおすすめしたい一冊です。

To enjoy "Les Miserables" even more

Shigeru Kashima, "Tomorrow is the Ball" - How the dream society really is! Explains the love and marriage patterns of Parisian women!

For women, a ball is a battlefield. The way you behave here can have a decisive impact on the rest of your life.

The book may destroy your longing for a dreamy moment with dandies in elegant social circles, dressed in glamorous costumes.

It seems that the social scene was a more serious and realistic battleground than I had imagined.

It is a perfect book to learn about the view of marriage and the love affairs of men and women at that time.

You can see why French literature is full of sludgy affairs and love stories.

To enjoy "Les Miserables" even more

Shigeru Kashima, "I want to buy a carriage! ~ If you want to know about the French dream of young men and life in 19th century Paris, this is the book for you!

この本ではフランスにおける移動手段の説明から始まり、パリへの入場の手続き、宿探し、毎日の食事をどうするかを物語風に解説していきます。

そしてそこからダンディーになるためにどう青年たちが動いていくのか、またタイトルのようになぜ「馬車が買いたい!」と彼らが心の底から思うようになるのかという話に繋がっていきます。

ものすごく刺激的な作品です!おすすめ!

To enjoy "Les Miserables" even more

Why are French men so popular - I thought about it from the perspective of the "dandy," the Parisian dandy.

フランス人男性といえばなんかもうそれだけでモテそうなイメージがありますよね。(勝手な偏見ですが笑)

でも、なぜ彼らはあんなに口が達者で恋愛上手なのか。

それもやはり、そうなっていくような時代背景があったからこそなのです。この記事ではそうした歴史的背景を見ていきたいと思います。
この記事を読めばパリのダンディーがいかに凄まじい存在かが伝わるかと思います。

To enjoy "Les Miserables" even more

What is the relationship between a student and a grisette, a Parisian seamstress - the career path and love life of young people in 19th century France.

グリゼットとは日本語訳するならば「お針子さん」と訳されます。

これまで当ブログでもお話ししてきた『レ・ミゼラブル』のファンテーヌはまさにこのグリゼットです。

フランス文学は当時の社会を映し出しています。そしてそれは現代日本を生きる私たちの鏡ともなることでしょう。

この記事ではそんなグリゼットと当時の時代背景について見ていきます

To enjoy "Les Miserables" even more

Shigeru Kashima, "Parisian Customs by Occupation" This is a book to learn about the life and occupation of people in 19th century Paris and the historical background!

この本では19世紀中頃のパリの人々の生活を職業という面から見ていきます。

小説が書かれた当時に当たり前だったことはわざわざ書かれたりはしません。

ですがその当たり前は「現代人たる私達の当たり前」とはまるで異なります。仮に小説中に弁護士という職業の人間が出てきたとしても、私達の想像する弁護士とはだいぶ違った仕事や生活ぶりをしていたのです。学生や医者、教師、グリゼット、警察、ジャーナリストなどなど、この本では様々な職業の「当たり前」を知ることができます。

この本を読めばフランス文学がものすごくわかりやすくなります。

To enjoy "Les Miserables" even more

ジャン・バルジャンはなぜマドレーヌ市長として成功できたのか

徒刑囚として19年も服役したジャン・バルジャン。

そんな荒みきっていた彼はミリエル司教と出会い、新たな人生を歩むことを誓います。

ジャン・バルジャンはその後マドレーヌという名前で生活し、別の街で工場長、そして市長にまでなっていたのでした。

パリの貧困層出身だったジャン・バルジャンがなぜここまで成功することができたのか。よくよく考えれば不思議ですよね。徒刑囚だった頃とはまるで別人です。

今回の記事ではなぜジャン・バルジャンがここまでの成功を遂げることができたかをお話ししていきます。

To enjoy "Les Miserables" even more

Why was Cosette left in the care of Mr. and Mrs. Thénardier?

コゼットはもはや世界で最も有名な少女と言っても過言ではありません。

困窮に苦しむファンテーヌの手を離れてテナルディエ家に預けられたコゼット。彼女はまるでシンデレラのようにこき使われ、いじめられていたのでした。

ですがミュージカルや映画を観た人はもしかしたら次のような疑問を持ったかもしれません。

「なぜテナルディエみたいな悪党の家にわざわざコゼットを預けてしまったのか」と。

この記事ではそんなコゼットとテナルディエ一家の背景を見ていきます。

To enjoy "Les Miserables" even more

Why did Fantine follow a disastrous path - "I Dreamed A Dream

ユゴーはこうした貧しい女性の問題、捨てざるをえなくなった子供たちの問題をこの作品で表現しています。ファンテーヌの悲惨は彼女一人だけでなく社会全体の悲惨でもあったのです。ユゴーはそんな社会を変革したいという願いもこの作品に込めていたのでありました。

ファンテーヌを知ることは当時のフランス社会が抱えていた問題を知ることにもなります。

こうした背景を取り込みつつミュージカルや映画の短い時間でそれを表現した製作陣のすごさには恐れ入るばかりです。ますますレミゼが好きになりました。

To enjoy "Les Miserables" even more

Jean Valjean's Sad Past - Why was he arrested?

当時のフランスは貧富の差が拡大し凄まじい貧困が蔓延していました。『レ・ミゼラブル』はこうした人々から生まれてきた物語でもありました。そしてその主人公ジャン・バルジャンがこうした環境から生まれてきたというのは非常に大きな意味があります。

ジャン・バルジャンは極度な貧困に苦しみ、家族が餓死しないためにパンを盗みました。

レミゼはここから始まるのです。