経済学

Marx Engels Writings and Related Works

Daniel Kahneman, "Fast & Slow" Summary and Comments - A recommended film to learn that humans are irrational beings!

人間の行動には不確実な要素が混じる。理屈通りには動かない。

そうしたことを改めて理解し、そのメカニズムを知ることで誤解や錯覚は減るかもしれない。また、他者への寛容さももっと持てるかもしれない。

そうした面でもこの本は非常に有益なのではないかと思います。とても興味深く、刺激的な作品です。行動経済学を学ぶ上でおすすめな1冊です。

Marx Engels Writings and Related Works

R. Saylor, "Behavioral Economics Strikes Back" Summary and Comments - Recommended work to learn what makes behavioral economics different from conventional economics.

Thinking everything rationally, understanding the economy through mathematical formulas, and trying to apply it in practice does not work so well. If it were possible, shouldn't the economy run better? If it doesn't work, then maybe the premise was wrong in the first place.

So you can learn about the author's years of research and the path taken by a group of behavioral economists.

It has given me a very interesting perspective on Marx that I have been updating on my blog. This was a much appreciated piece.

Indian thought, culture and history

Satish Kumar, "You Are, Therefore I Am" - A Jain Perspective on the Philosophy of Coexistence and Symbiosis in Life

サティシュ・クマールの思想は世界を様々なつながりから見ていく広い視野が特徴です。これは読んで頂ければすぐにわかると思います。決して難しいことは書かれていません。むしろその読みやすさに驚くと思います。ですだだからといってその教えが浅くて軽いものだということは決してありません。その教えの深さに思わず頭が下がるほどになることは間違いありません。

これはものすごい名著です。ぜひおすすめしたい1冊です。

Indian thought, culture and history

Schumacher, "Small is Beautiful" - Advocates Buddhist economics! A work that sounds a warning about the modern state of supremacy of economic growth.

シューマッハーはイギリスを拠点にした経済学者で、際限なく拡大する経済に警鐘を鳴らし、自然との共存を前提とした経済に移行することを提唱しました。

そしてなんと、シューマッハーは「仏教経済学」なるものをこの本で説きます。仏教的な世界の見方を通して持続可能な経済を求めていく、そうした説を彼は提唱するのです。

西欧をまるまま「理想視」する傾向が未だに強いように感じる昨今、こうした問題提起を与えてくれる本書はとても貴重なものなのではないでしょうか。ぜひおすすめしたい一冊です。

Marx Engels Writings and Related Works

マルサス『人口論』概要と感想~リカード、マルクスにも大きな影響を与えたマルサスの人口論とは

リカードの作品を読んだ後だとマルサスの文章は非常に優しく感じられます。想像していたよりもはるかに読みやすくまとめられている本だなというのが私の感想でした。

有名な「マルサスの法則」の出典を読むことができたのは私にとってもありがたい経験となりました。こうした経済学の作品をマルクスやエンゲルスは必死になって勉強していたんだなと思うと私も身が引き締まる思いになりました。

Marx Engels Writings and Related Works

リカードウ『経済学および課税の原理』アダム・スミスの後継者~マルクスに大きな影響!

当たり前のことではありますが、マルクスも無から『資本論』をはじめとした経済理論を生み出したわけではありません。マルクスは鬼のような勉強家です。マルクスはこうしてアダム・スミスやリカードウの著作を読み耽り、自らの説を構築していったのでありました。

そうしたマルクスの側面を知る上でもこの本を読めたのは大きな意味があったなと思います。

私自身はこの本が難しすぎて完全にお手上げでしたがウルリケ・ヘルマンの解説によってこの本の大きな意味を知ることができました。

この本は解説と一緒に読むことをお勧めします。

Marx Engels Writings and Related Works

Summary and Comments on Takuo Dome's "Adam Smith" - Recommended reference book to clear up the misunderstanding of the "Invisible Hand".

この作品はスコットランドの経済学者アダム・スミスの『道徳感情論』と『国富論』についての参考書です。

アダム・スミスといえば「神の見えざる手」で有名です。

しかしこの「見えざる手」が通俗的な理解では誤解されているというのがこの本で学ぶことができる最大のメリットです。

アダム・スミスが『国富論』で本当に言いたかったのは何だったのか。それをこの本でじっくりと見ていくことになります。

Recommended Marx-Engels Biography

Ulrike Hermann, "Smith, Marx, and Keynes: A Revived Prescription for Crisis" - Recommended for an introduction to the flow of classical economics!

What is the difference between pre-Marx and Marx? What is the difference between post-Marx and Marx?

This book is very easy to understand because you can compare and see such things. After all, some things can only be seen by comparing them.

This book is a wonderful way to look at Marx in the context of history and the historical background. It is a gem written from a very broad perspective.

This is a book that I would highly, highly recommend. I recommend it to anyone who wants to learn not only Marx, but also Adam Smith and Keynes.