science

The Industrial Revolution and British and European Society

Masaie Matsumura, "The Bakumatsu Restoration Mission to England: The Victorian Impact" - What the Japanese at the end of the Edo period and during the Meiji period saw in England!

In this work, we will look at the Victorian era and World Expositions as seen from the perspective of a mission at the end of the Edo period and during the Restoration Period. What was the reaction of our delegation when they left Japan, which had been closed to the rest of the world, and saw European mechanical civilization for the first time? In this book, you can learn about the Victorian era from a different perspective from ordinary British history.

The Industrial Revolution and British and European Society

Masaie Matsumura, "The History of the British Empire Expositions: A Tale of Two Cities, London and Manchester" - A book to learn about the connection between the Expo and Manchester!

この本はロンドン万博とマンチェスター名宝博のつながりを大きな視点で見ていき、さらにはそこから日本とのつながりも見ていく作品になります。

産業革命の悲惨な結果として見られがちなマンチェスターですが、実はこのマンチェスター名宝博こそ、国民の生活向上を目指す運動とも関わってくるものでした。

マルクスは1849年から、エンゲルスに関してはそれよりもはるかに長くイギリスに滞在しています。彼らの思想が生まれてくる背景にはイギリスの社会情勢があります。そうしたイギリスの社会事情を知る上でもこの本は非常に参考になりました

The Industrial Revolution and British and European Society

海野弘他『レンズが撮らえた19世紀ヨーロッパ』~19世紀西欧を写真で概観するおすすめガイドブック!

この本では同時代の国家間のつながりはどのようなものだったのか、それぞれの国の特徴はどのようなものだったのかということを知ることができます。しかも写真が大量にありますのでとてもイメージしやすいです。

そしてこの本のタイトルにもありますように、カメラと写真技術そのものの歴史も知ることができます。カメラの技術が発明されたのが1839年で、そこからあっという間にその技術は進歩し1840年代にはかなり性能のよいカメラ技術も出てきます。

これは刺激的な1冊です!

The Industrial Revolution and British and European Society

The City and Life of Victorian London in Photographs" - Recommended to learn about London in the late 19th century as seen by Dickens!

この本では19世紀中頃から後半にかけてのロンドンの姿を大量の写真で見ることができます。
この本の特徴は19世紀イギリスの偉大な文豪ディケンズと絡めてロンドンの街が語られる点にあります。
たくさんの写真と一緒にディケンズ作品との関わりも解説されていきますのでディケンズファンにはたまらない構成となっています。

The Industrial Revolution and British and European Society

田中亮三、増田彰久『イギリスの近代化遺産』~イギリス産業革命の歴史的スポットを知るのにおすすめ!

この本の特徴はまずその美しい写真にあります。見開き一杯に写真が掲載され、そこに解説も添えられています。

イギリスの産業革命の遺産を満遍なく学べるのもこの本のありがたい所です。

この本の後半ではイギリスの産業革命についてのわかりやすい解説が説かれます。これまで産業革命について知識がなかった人でも楽しく読めるような、とても丁寧な解説です。これも非常にありがたい点でした。

この本は産業革命時代の遺産を素晴らしいビジュアルと共に学べる1冊です。

The Industrial Revolution and British and European Society

サイモン・フォーティー『産業革命歴史図鑑 100の発明と技術革新』~産業革命の歴史と発明品を学ぶのにおすすめ

この本の特徴は何といっても資料の豊富さです。書名にもありますように、100の発明が写真、イラストと共にわかりやすく解説されます。

産業革命について書かれた本が意外と少ない中で、この本は非常にありがたい作品です。タイトルに「歴史図鑑」とありますように、写真やイラストが豊富なのも素晴らしい点です。解説もとてもわかりやすいです。

産業革命の歴史を学ぶ入門書としてこれはかなりおすすめな一冊です。

Marx Engels Writings and Related Works

Toshio Matsunaga, "The Life of Charles Darwin: The Gentleman's World that Gave Birth to the Theory of Evolution" - What is the relationship between Darwin's life and Malthus Marx?

ダーウィンと『種の起源』という名は誰もが知っています。

しかし彼がどんな生涯を歩み、どんな時代を生きていたかということはほとんど知られていないのではないでしょうか。かく言う私もその一人でした。

この本はものすごく面白いです。ぜひとも知られざるダーウィンの姿を目の当たりにしてください。

ダーウィンその人や『種の起源』、そしてヴィクトリア朝イギリスの文化を知る上でもこの本は非常におすすめです。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

Marx Engels Writings and Related Works

Darwin's "Origin of Species" Summary and Comments - The Theory of Evolution, which transformed world thought and worldview. And its relationship to Marx.

この作品は科学的な本なので当然と言えば当然なのですが、物語的な、読者を惹き込むような語りはほとんどありません。とにかく淡々と言葉が並べられていくのみです。

ですがこうした淡々とした難解な文章の中に時折現れる「自然淘汰」「闘争」「進化」「自然選択」という強力な言葉たち。

これらの言葉たちがこの膨大で難解な書物の「要約」として独り歩きしていくことになります。

私にとって、この本が世界を席巻した理由に思いを馳せながら読んでいくのは非常に興味深い体験となりました。

Marx Engels Writings and Related Works

Jacques Barzun, "Darwin, Marx, Wagner: A Critique of the Intellectual Heritage" - Why did they take the world by storm? A masterful book that uncovers the secrets of their work!

This book was an exciting work that explained what I most wanted to know: why Darvin and Marx took the world by storm so much! This is interesting!

この作品については以前マルクスの『資本論』を読んだ際にも参考にしました。

『資本論』はあまりに難解で膨大な作品ですが、「その理解不能さが逆に世の中から聖書のように扱われる大きな理由となった」という著者の説は非常に興味深いものがありました。

Learn about the life and thought background of Marx Engels

(65) "From Imagination to Science" born out of Engels' "Anti-Duhring Theory" - This is where the term "imaginary socialist" comes from.

I cannot emphasize enough how significant it is to have disseminated the difficult "Capitalism," which no one reads or even can read, to the general public in an easy-to-understand manner.

The difficult and large "Capitalism" and the easy and compact "From Imagination to Science.

One might say that it was this combination that led to the explosion of Marxism.