Russo-German War (1941-1945)

Impressions of the Summer Recounted in Autumn - Trip to Paris and Georgia

(21) Go to Stalin's birthplace, Gori, Georgia - Feel the atmosphere of the former Soviet Union at the Stalin Museum

私がジョージアにやって来たのはトルストイを学ぶためであることを前回の記事でお話ししました。

ですが、せっかくジョージアに来たのならどうしても行きたい場所がありました。

それがスターリンの生まれ故郷ゴリという町です。

この記事ではスターリンの若き時代やスターリン博物館を訪れた私の体験をお話ししていきます。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

R. Vanagaitė, E. Zuroff, "Compatriots Lithuanian Holocaust: The Hidden History" - A shocking book that makes you think about historical revisionism.

About 200,000 Jews in Lithuania, 90%-95% of whom died in the Holocaust...

These are shocking numbers...

This book will be a sharp scalpel on why such a Holocaust in Lithuania happened, what the mechanism was, and the current state of the history of the country.

This work, a book about Lithuanian complicity in the Holocaust, caused great controversy among the Lithuanian public.

The work also provides a very serious insight into what historical revisionism is.

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

E. H. Carr, "What is History?" Summary and Comments - A great book that asks how history is spun.

E・H・カーの『歴史とは何か』は私たちが当たり前のように受け取っている「歴史」というものについて新鮮な見方を与えてくれます。

歴史を学ぶことは「今現在を生きる私たちそのものを知ることである」ということを教えてくれる貴重な一冊です。この本が名著として受け継がれているにはやはりそれだけの理由があります。ロシア・ウクライナ情勢に揺れている今だからこそ読みたい名著中の名著です。

Contemporary Society through Dystopian Science Fiction Novels

List of 16 Recommended Science Fiction and Dystopian Novels - Modern Society from Science Fiction and Dystopia

Science fiction novels are not only interesting in their own right, but they also pose big questions for those of us living in the present.

You may read for pleasure.

You can read it while carefully considering the world today.

I think the beauty of science fiction novels is that they can be enjoyed in many different ways.

In this article I recommend 15 such novels.

German-Soviet War: The Soviet Union and the Nazis' War of Extermination

Fuyuma Osaka's "Comrade Girl, Shoot the Enemy" Synopsis and Impressions - Recommended novel that won the Honya Taisho Award! A topical novel about a sniper girl fighting the war between Germany and the Soviet Union!

Comrade Girl, Shoot the Enemy," which was a hot topic on Twitter and other social networking sites.

This is interesting!

Anyway, I'll let you read it!

The storyline and psychological descriptions are very skillful and draw you into the story more and more. The immersion in reading is amazing.

I picked up this game because of the praise it received from MGS director Kojima, and it is a masterpiece that lives up to his praise. I highly recommend this work.

Contemporary Society through Dystopian Science Fiction Novels

Orwell's "Animal Farm" Synopsis and Comments - This is how people are fooled. A masterful satirical allegory of Soviet totalitarianism.

敵を作りだし、憎悪や不安、恐怖を煽って宣伝してくる人たちには気を付けた方がいいです。敵を倒した後に何が起こるのか、それを『動物農場』は教えてくれます。

この作品は150ページほどの短い小説で、読みやすくありながら驚くほどのエッセンスが凝縮されています。衝撃的な読書になること請け合いです。非常におすすめな作品です!

Kafka's City of Prague and Czech Literature

List of recommended works by Czech genius Čapek - Czech literature is not only about Kafka!

チェコ文学はカフカのみにあらず。

恐るべき人物がここにいました。

カレル・チャペックの作品は衝撃の面白さです。

『ロボット』『山椒魚戦争』『白い病』など、この記事ではそんなチャペックのおすすめ作品を紹介していきます。それぞれのリンク先でより詳しくお話ししていきますのでぜひそちらもご覧ください。

Europe through Classical and Western Art

ひのまどか『シベリウス―アイノラ荘の音楽大使』~フィンランドの名作曲シベリウスのおすすめ伝記!

シベリウスの祖国、フィンランドは1809年まではスウェーデンの支配下にあり、その後はロシアの支配下となっていました。ロシア革命によってソ連が成立した後も、何度も大規模な攻撃を受け激しい戦闘に巻き込まれることになりました。

この伝記はそんな大国に脅かされ続けたフィンランドの歴史も学ぶことができます。

Europe through Classical and Western Art

ひのまどか『戦火のシンフォニー レニングラード封鎖345日目の真実』~独ソ戦の極限状況と芸術の力

この本では20世紀最大の戦いとなった独ソ戦を音楽という側面から見ていきます。しかもひのまどかさんが述べるように、通常注目されることのないオーケストラのひとりひとりの奮闘をこの本では詳しく追っていくことになります。

戦時中という極限状況で音楽はどんな意味を持つのか。

この本は当時の緊迫した状況を学べる素晴らしい1冊です。