closing days of the Tokugawa shogunate

The Industrial Revolution and British and European Society

Masaie Matsumura, "The Bakumatsu Restoration Mission to England: The Victorian Impact" - What the Japanese at the end of the Edo period and during the Meiji period saw in England!

In this work, we will look at the Victorian era and World Expositions as seen from the perspective of a mission at the end of the Edo period and during the Restoration Period. What was the reaction of our delegation when they left Japan, which had been closed to the rest of the world, and saw European mechanical civilization for the first time? In this book, you can learn about the Victorian era from a different perspective from ordinary British history.

The Industrial Revolution and British and European Society

Smiles' "The Theory of Self-Help" Summary and Comments - Greatly influential on Victorian morality in England! Also known as "The Rise of the West"

スマイルズの『自助論』はイギリスの労働者に多大な影響を与え、日本でも『西国立志編』として翻訳されると福沢諭吉の『学問のすすめ』と並ぶ明治の聖書として大ブームになりました。

この本は一九世紀イギリスヴィクトリア朝の人々のメンタリティーを知る上で非常に重要な作品です。

この記事では『自助論』の内容や、イギリス社会における『自助論』の意義について見ていきます。マルクスの『資本論」が生まれてくる背景としてもこの作品は重要な意味を持っています。

Marx Engels Writings and Related Works

Shigeru Kashima, "Shibusawa Eiichi" - Strong connection to San Simonism! Familiar with the great drama "Ao Tian wo Sukeru"! Recommended biography of the great man who supported the Japanese economy!

もし日本に渋沢栄一がいなかったらどんなことになっていたのか。この伝記を読めばぞっとするような事実を知ることになります。それほど渋沢栄一という存在は巨大だったのです。私もこの伝記を読んで心の底から衝撃を受けました。

現代日本はまさに危機の時代だと私は思います。こんな時代だからこそ、渋沢栄一という人物の成した軌跡を辿るのは非常に大切なことなのではないでしょうか。

この伝記はぜひぜひおすすめしたい名著です。学校の教科書になってほしいとすら思える作品です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。