world history

IndiaIndian thought, culture and history

List of recommended reference books to learn about Indian history, religion, and culture - The more you know, the more interesting the Indian swamp.

In this article I will present my recommendations for Indian reference books.

I am currently writing a series of articles on this blog entitled "[Travels to Buddhist Sites in India and Sri Lanka] A Journey to the Sacred Sites of Buddhism: What I Felt When I Was Called to India", and the books I am about to introduce have had a strong influence on me.

スリランカ水利研究序説Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Naoshi Nakamura, "Introduction to Sri Lankan Water Conservation Research" - Sri Lanka as seen through irrigated agriculture. Recommended to learn about the history of advanced flood control that flourished in ancient times.

This book, "Introduction to the Study of Water Use in Sri Lanka - A Historical Study of Irrigated Agriculture," is, as the title suggests, a work that allows the reader to learn about the history of irrigated agriculture in Sri Lanka.

Sri Lanka has had advanced flood control technology for about 2,000 years, and its irrigated agriculture has been of vital importance to the nation's management.

Where there is technology, there is kingship. Where there is a kingdom, there is a religion." Advanced technology and the state that administers it are inseparable, and religion, which guarantees the legitimacy of that authority, is also involved.

So far I have been looking at Sri Lanka from a religious and political perspective, but in this book I will be looking at Sri Lanka from the angle of irrigated agriculture. I found this book very stimulating to see Sri Lanka from a different perspective.

古代中世スリランカBuddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Satoko Yabuuchi, "Kingship and Buddhism in Ancient Medieval Sri Lanka" - Religion is not only a religion. Learn about the transition of Sri Lankan Buddhism that walked with the history of the country.

The king protects Buddhism, and Buddhism guarantees the legitimacy of the king.

These interrelationships were particularly strong in Sri Lanka, which will be seen step by step in this book.

This book makes me think that religion is not only about religion. Religion, too, cannot remain unaffected by the political situation of the time. There are things that cannot be seen by simply following ideology and doctrine. This book is very valuable to learn such things carefully.

This book has been difficult to obtain, but I highly recommend it to anyone who wants to learn more about Sri Lankan Buddhism.

心霊の文化史Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Masakazu Yoshimura, "A Cultural History of the Spiritual: The Spiritual British Era" - A book that also provides insight into the Theosophical Society that influenced Sri Lankan Buddhism!

心霊主義といいますとオカルトチックで怪しいイメージもありましたが、実は産業革命や世界的な合理主義の流れから生まれてきたという興味深い背景を知ることができる本書は非常に刺激的です。スリランカを学ぶ上でも非常にありがたい作品でした。スリランカの仏教者ダルマパーラと神智学協会について知りたかった私にとって非常に有益な情報が満載でした。

単にオカルトと侮るなかれ。ものすごく現実的な問題が目の前に迫ってきます。これは面白いです。

Sri Lankan PoliticsBuddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Koji Kawashima, "Sri Lankan Politics and Caste" - A shocking masterpiece that reveals behind-the-scenes politics, religion, and nationalism!

This book is a shocker...!

今まで顧みられてこなかった資料を丹念に読み込んだ著者ならではの新たなスリランカ政治史がここにあります。

これは政治と宗教を考える上でも非常に重要な作品であると私は強く感じます。

ものすごい本と出会ってしまいました。

スリランカと民族Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Koji Kawashima, "Sri Lanka and Ethnicity" - Recommended to learn more about Sinhala nationalism and the ethnic conflict process!

本作『スリランカと民族―シンハラ・ナショナリズムの形成とマイノリティ集団』は民族対立の形成過程を個々の民族や宗教ごとに詳しく見ていける点にその特徴があります。特に1930年代から40年代にかけての移民排斥運動に着目して本書は論じられていきます。

本書はスリランカ内戦に関する新たな視点を私たちに示してくれます。

この本を読んで「え!そうだったの!?」という事柄が何度も出てきて私自身も驚かされることになりました。

スリランカ内戦や政治の流れを知る上で本書は必読の一冊です。ぜひぜひおすすめしたい作品です。

セイロン島誌Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Robert Knox's "The Ceylon Island Magazine" Synopsis and Comments - The amazing true story of the late 1600s, which was also the model for Robinson Crusoe!

本作の著者ロバート・ノックス(1641-1720)はイギリス東インド会社の貿易船の船員でした。彼の乗る船はインド洋航海中に嵐に遭い、セイロン島(スリランカ)に1660年に寄港しました。そこから彼らはおよそ20年にわたってスリランカ中央部のキャンディ王国の捕虜として生活することになります。

キャンディ周辺は単に高地であるだけでなく、深いジャングルに覆われており移動は極めて困難でした。いわば陸の孤島です。そんな脱出困難な状態から命からがら20年をかけて脱出したノックスの体験が綴られたのが本書『セイロン島誌』になります。

資本主義と奴隷制Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Eric Williams, Capitalism and Slavery - The accumulation of wealth through the slave trade and plantations brought about the Industrial Revolution!

本書はマックス・ヴェーバーの『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』で説かれたような定説を覆した歴史学の金字塔的名著として有名な作品です。

この本のメインテーマはまさに「奴隷貿易と奴隷制プランテーションによって蓄積された資本こそが、産業革命をもたらした」という点の論証にあります。

本書もまさに巨大なスケールで歴史の流れを見ていく刺激的な作品でした。

改めて世界の複雑さ、巨大さを実感した読書になりました。

私たちの先入観を破壊する超ド級の作品です。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

コーヒーの真実Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

アントニー・ワイルド『コーヒーの真実』~コーヒーの歴史と現在も続く不平等な貿易システムに警鐘を鳴らす一冊!

何も知らずに無邪気に美味い美味いと飲むことの何たる気楽さか。

そのほうが心理的負担は明らかに少ないです。

ですが全ての人がそうなってしまったらどうなってしまうのか。いや、現に世界は新自由主義でどうなってしまったか。

厳しいかもしれませんが、コーヒー好きだからこそ勇気を持ってこの本は読んでほしい一冊だと思います。

コーヒーが廻り世界史が廻るBuddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

臼井隆一郎『コーヒーが廻り世界史が廻る』~コーヒーが変えた西洋近代社会!コーヒーから見た世界史を学べるおすすめ本!

本書『コーヒーが廻り世界史が廻る』は副題に「近代市民社会の黒い血液」とありますように、コーヒーが近代社会にいかに影響を与えたのかということを見ていける作品です。

そしてイギリスだけでなくフランスやドイツなどにおけるコーヒー事情も詳しく語られますのでとても刺激的です。フランス革命やナポレオンにもコーヒーは大きく絡んできます。

「コーヒーを通して見る世界史」と言うべき素晴らしい作品です。これは面白い!コーヒー好きの私にとって非常に刺激的な一冊でした。