ヴォルテール

cucumberYukio Mishima and Japanese Literature

Ryunosuke Akutagawa's "Kappa" Synopsis and Impressions - What happens when you wander into the land of kappa? A satirical masterpiece about modern Japan through a strange other world

Through "The World of Kappa," Akutagawa poignantly questions the state of Japan.

How unique and humorous are each (each and every?) kappa! How unique and humorous each kappa is. And how eerie....

It is horrifying to think that this work was Ryunosuke Akutagawa's desperate protest, a warning for the end of his life. He committed suicide less than a year after the publication of this work.

It will soon be 100 years since the death of Ryunosuke Akutagawa. But even 100 years later, Akutagawa's works have never faded. The power of literature has been passed on to those of us living today.

French Literature, History and Culture

G. Holmsten, "Rousseau" - Recommended biography for an introduction!

この本のありがたいのは絵や写真などのビジュアル資料も豊富な点です。当時の様子などもイメージしやすかったです。

また、伝記としても当時の時代背景などの知識がない人にもわかりやすく伝えるように書かれています。非常に読みやすく、すらすらと進むことができます。波乱万丈なルソーの生涯やその思想の特徴を楽しく学ぶことができます。

これまで当ブログでも紹介してきたヴォルテールも同時代人です。そのヴォルテールとの因縁もこの本では詳しく知ることができます。ヨーロッパ思想を切り開いた両者がなぜ犬猿の仲になったのか、それも非常に興味深かったです。

French Literature, History and Culture

Voltaire's "Tolerance Theory" - What is Voltaire's indictment against fanaticism and religious conflicts! A great book to read now!

この本は「カラス事件」をきっかけに書かれ、当時の狂信に対するヴォルテールの激しい反発が込められています。

しかし、全体を読んでみると厳しい言葉や攻撃的な言葉が意外と少ないことに気づきます。彼は一線を越えないのです。この辺のバランス感覚の絶妙さがヴォルテールのヴォルテールたる所以であるように感じました。

彼はこの本で宗教的不寛容の実例をいくつも紹介し、その弊害を説きます。

『寛容論』は現代にも通じる名著です。寛容さが失われつつある現代こそ、この本は非常に大きな意味を持つのではないでしょうか。ぜひおすすめしたい1冊です。

French Literature, History and Culture

Voltaire's "Candide" Synopsis and Comments - Refutation of the best theory, and connection to Dostoevsky's "The Brothers Karamazov".

『カンディード』は18世紀中頃の作品ではありますが、全く古さを感じない作品です。物語もドラマチックでストーリーにぐいぐい引き込まれます。とても面白い作品でした。

そして『カラマーゾフの兄弟』をとのつながりを感じながら読むとこれまた味わいが増してきます。ドストエフスキーファンの方にもぜひおすすめしたい1冊です。

French Literature, History and Culture

Mizuho Hokari, "Voltaire's Century: A Century of Spiritual Freedom" - A recommended biography that explains Voltaire's life in an easy-to-understand manner!

この作品は450ページを超える大作です。ですが一気に読めてしまうほどの面白さがこの本にはあります。著者の劇的な語り口によって、まるで小説を読んでいるかのような気持ちになります。

そして何より、ヴォルテールという人物の魅力!これに尽きます。

『哲学書簡』や『寛容論』、『カンディード』などで有名なヴォルテールですが、名前や作品は有名ではあってもこの人物がどんな時代に生きて、どんな生涯を送ったかというとほとんど知られていないというのが実際のところではないでしょうか。かく言う私も彼についてはほとんど知らなかったというのが正直なところでした。

ですがこの本を読んで驚きました。ヴォルテールという人物がどれほど革新的で、後の世にどれだけ大きな影響を与えたのかというのかが明らかになります。

Don Quixote, the beloved itinerant knight.

(9)モンテーニュと異端審問のつながり~衰退するスペインとヨーロッパ啓蒙思想の拒絶

モンテーニュは啓蒙思想で有名なフランス人ではありますがその血筋のルーツはスペインのコンベルソであったと言われています。驚くべきことに、異端審問が横行していたスペインの歴史がモンテーニュの思想に大きな影響を与えていたのでありました。

敵対的な思想を持つ者を抹殺しようとした異端審問でしたが結局こうしたもっと強大な存在を生み出すことになってしまったのです。教会への不信や懐疑論、無神論の流れは教会の権威を徐々に蝕んでいきます。

近代的なヨーロッパの哲学者がいかに生まれてきたということに異端審問が大きな影響を与えていたというのは非常に興味深いものでした。