ヴァーツラフ・ハヴェル

Kafka's City of Prague and Czech Literature

Ten recommended reference books to learn what the "Prague Spring" is all about - and to consider the Russian and Ukrainian invasions.

この記事では以前当ブログでも紹介した1968年の「プラハの春」ソ連軍侵攻事件(チェコ事件)について学ぶためのおすすめの参考書をご紹介していきます。

現在、ロシアによるウクライナ侵攻が危機的な状況を迎えていますが、ソ連、ロシア、東欧の歴史を知る上でも「プラハの春」事件は非常に重要な意味を持っています。

大国に囲まれながらも誇り高い文化、歴史を紡いできたチェコという国を学ぶことは私たち日本人にとっても非常に意味のあることだと思います。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Kazuo Ogawa, "Eastern Europe: The Search for Revival" - Recommended for an overview of Eastern European economies after the collapse of the Soviet Union, including Ukraine.

この本は1995年に書かれたものですが、当時の東欧事情を知るという意味では、今読んでも全く色あせない作品です。

写真も多数掲載されているので現地の姿もイメージしやすく、新書でコンパクトにまとめられているのでとてもありがたいです。

なかなか知る機会のない東欧の経済事情を知れるおすすめの作品です。

東欧諸国がそれぞれいかに独自な文化を持ち、経済事情も固有なものがあるかがわかります。それぞれを比べながら見ていけるのは読んでいてとても興味深かったです。

Kafka's City of Prague and Czech Literature

A collection of books recommended for learning about Prague's history and culture! The endless charm of our beloved Prague

私は2019年にプラハを訪れ、その魅力に見事にやられてしまった人間です。あまりの美しさ、あまりの居心地のよさにすっかりこの街に恋してしまったのでした。

この記事で紹介するのは様々な本を読んだ中でも、特に皆さんにお薦めしたい本です。これらの本を読めば必ずやもっともっとプラハの魅力を感じることになるでしょう。

Kafka's City of Prague and Czech Literature

ヴラスタ・チハーコヴァー『プラハ幻景 東欧古都物語』~プラハはなぜこんなにも美しいのか

この本は言葉に尽くせぬほど美しい街プラハの魅力とその秘密を余すことなく解説してくれる作品です。

写真やイラストも豊富で、読んでいてとても好奇心がそそられる内容となっています。

チェコをもっともっと知りたい方にとてもおすすめな1冊です。かなりディープなプラハを知ることができる作品です。

Kafka's City of Prague and Czech Literature

大鷹節子『チェコとドイツ 愛と憎しみの関係』~大国ドイツとチェコの複雑な関係とは

この本はとにかくショッキングでした。ドイツに対する見方が変わりました。いや、国際政治の恐ろしさそのものを改めて感じたと言えるでしょう。

プラハの苦難の歴史を知れるだけでなく、国際政治を考える上でも非常に素晴らしい作品です。ぜひぜひおすすめしたい一冊です。

Kafka's City of Prague and Czech Literature

Čapek, "Conversations with Masaryk: The Life and Thought of the Philosopher President" - Masterful biography of the great Czech president!

この本は第一次世界大戦後独立したチェコの初代大統領となったマサリクについての伝記です。彼は元々哲学の教授であり、その人徳から哲人大統領と呼ばれ国民から深く敬愛されていました。チェコがなぜこんなにも文化的なのか。思想、言葉を大切にしているのか。そうしたヒントがマサリクにもあるような気がしました。

Kafka's City of Prague and Czech Literature

トム・ストッパード『ロックンロール』あらすじと感想~クンデラやハヴェルに影響を受けた名作劇

トム・ストッパードの『ロックンロール』はプラハの二大作家ミラン・クンデラとヴァーツラフ・ハヴェルの二人の論争と、さらには抑圧下のプラハの雰囲気を絶妙に表現しています。

プラハの春についてもっと知りたい方、ハヴェルやクンデラについてもっと知りたい方にはぜひおすすめしたい作品です。

Kafka's City of Prague and Czech Literature

V・ハヴェル『ガーデン・パーティ』あらすじと感想~カフカファンにもおすすめ!劇作家ハヴェルの代表作

ハヴェルの『ガーデン・パーティ』は不条理劇と言われるジャンルになります。
わかりやすいお笑い劇ではなく、とにかくシュール。
噛み合わない会話ややりとり、風刺で観客を笑わせます。
しかもハヴェルのこの作品の不条理さはまるでカフカを思わせるような、不思議な展開です。
プラハの文化レベルの高さを感じられる素晴らしい作品です。

Kafka's City of Prague and Czech Literature

V・ハヴェル『プラハ獄中記―妻オルガへの手紙』~ソ連抑圧下の未来のチェコ大統領の監獄からの書簡集

この書簡集では奥様とのプライベートなやりとりや、監獄生活の様子、ハヴェルの観察、思索、エッセイ風文章など様々な手紙を読むことができます。

彼が苦しい監獄生活の中で机に向かって黙々とこの書簡を書いている姿を想像して私はこの本を読みました。ソ連抑圧時代に必死に抵抗したハヴェルの人間的大きさには頭が上がりません。

Kafka's City of Prague and Czech Literature

「Reduta Jazz Club」を訪ねて~プラハのおすすめ老舗ジャズクラブ!ソ連抑圧時代にもチェコ文化を発信し続けた伝説的クラブ

2019年私がプラハで訪れた「Reduta Jazz Club」

私がここを訪れたのは、ネットでここが老舗でおすすめなジャズクラブだという情報を見たからでした。そのレドゥタがチェコの歴史を語る上でものすごい役割を果たしていたとは本当に驚きました。

この記事ではそんなレドゥタのレポをご紹介していきます