Nietzsche

蜘蛛の糸Yukio Mishima and Japanese Literature

Ryunosuke Akutagawa's "The Spider's Thread" Synopsis and Impressions - A famous short story, famous as a Buddhist fairy tale! A thread of salvation hung in hell!

『蜘蛛の糸』は芥川龍之介が初めて書いた児童向け文学で、仏教説話としても有名な名作短編です。私も僧侶という仕事柄、この『蜘蛛の糸』のお話を法話や仏教書で見聞きすることは数多くありますが、このお話はお寺関係という枠を超えて日本人全体に親しまれてきた作品ではないでしょうか。

そして本書巻末解説では『蜘蛛の糸』制作についての詳しい解説が説かれていたのですが、これが私にとってかなりの驚きでした。簡単に要点をまとめると、⑴『蜘蛛の糸』が元々仏教由来なのかどうかはわからないということ、⑵この作品がドストエフスキーやトルストイとも関係があるという2点があげられます。この記事ではこのことについても詳しく見ていきます。

The Italian Renaissance and the Revolution of Knowledge

Petrarch's "On Ignorance" Synopsis and Comments - Recommended to learn what Renaissance Humanism is all about!

This work was born out of Petrarch's own experiences. Petrarch published this work as a rebuttal to the unjustified slander he had received, and since it is also a manifesto of Renaissance literature, one can only marvel at Petrarch's literary talent.

What is Ignorance?" is a work that gives us a very important insight into what the Renaissance was all about. I highly recommend this work not only to Petrarch himself, but also to anyone interested in the Renaissance.

Buddhist Columns & Dharma Talks

Reggie's "Fast Culture: People Who Want Answers in 10 Minutes" Impressions - The Dark Side of Modern Japan from the Perspective of Culture. A stimulating work that cuts to the mechanisms of influencer popularity.

What is the darkness of modern people who try to consume culture as if it were fast food?

I was really interested in this book when I saw it on my Twitter timeline!

This book is not simply a work written to criticize "Hiroyuki, Atsuhiko Nakata, Kazu Laser, DaiGo, Yusaku Maezawa, Takafumi Horie" and other influencers.

Rather, the work carefully follows the mechanisms of modern society as to why we are attracted to such influencers.

I really appreciate this book for my love of reading. I recommend it!

Tolstoy, the Russian Giant

バーリン『ハリネズミと狐』概要と感想~トルストイの『戦争と平和』についての貴重な参考書

When I study Tolstoy, I always think that the number of reference books on Tolstoy is obviously much smaller than those on Dostoevsky. Moreover, there are almost no reference books that specialize in individual works.

In this context, "The Hedgehog and the Fox," introduced here, is an extremely valuable reference book on Tolstoy's works.

In this work you will learn about Tolstoy's characteristics and his historical philosophy on the subject of "War and Peace". It is a stimulating and interesting book and we highly recommend this reference work.

Learning from the Philosopher Schopenhauer

List of 4 recommended Schopenhauer works and commentary articles - The German pessimist master who was also influenced by Buddhism.

この記事ではショーペンハウアーのおすすめ作品を4本と、番外編ということで解説記事と参考記事を6本紹介していきます。

彼の本を読み、考え、記事にするのはなかなかに厳しい時間でした。普段の数倍疲労感がたまり、気持ちも落ち込みました。

しかしだからこそショーペンハウアーの悲観主義を乗り超えねばならぬとも感じました。ドストエフスキーや、チェーホフ、ゾラはその偉大なる先達なのだと改めて感じたのでありました。あの時代の文豪たちがなぜあそこまで本気で「生きること」について思索し続けていたのかが少しわかったような気がしました。

The Amazing Life of Mendelssohn, the Miraculous Musician

H・C・ヴォルプス『大作曲家 メンデルスゾーン』~曲紹介が充実のおすすめ伝記!

この伝記はメンデルスゾーンの入門書として非常に優れています。

彼の生涯が130ページほどでコンパクトにまとめられており、しかも読みやすく、面白い。

また、この伝記の特徴として、伝記部分を終えた後に60ページほどを使って曲の紹介をしている点が挙げられます。この本はメンデルスゾーンの曲を聴く際の貴重なガイドとなります。

Europe through Classical and Western Art

ひのまどか『ビゼー―劇場に命をかけた男』~カルメンの作曲家ビゼーの生涯を知るのにおすすめ伝記!

この伝記を読んで、私がこれまで学んできた文学、芸術、歴史が繋がったのを感じました。繋がる瞬間ってやはりビビッと来ますよね。これがあるから読書はやめられません。私にとって、「あぁ!そうだったのか!」という発見は読書の最大の喜びのひとつです。この本も刺激に満ちた最高に面白い作品でした。

19世紀中頃のフランス事情を知るのにもおすすめな作品です。

Europe through Classical and Western Art

ひのまどか『ワーグナー―バイロイトの長い坂道』~ワーグナーの生涯を知るのにおすすめの伝記!

ワーグナーの参考書は以前当ブログでも「樋口裕一『ヴァーグナー 西洋近代の黄昏』ワーグナーの特徴を知るためのおすすめ参考書!」の記事で紹介しましたが、『ヴァーグナー 西洋近代の黄昏』は彼の思想的な面がメインとなっていますので生涯を学ぶとなれば今回ご紹介するひのまどか著の『ワーグナー―バイロイトの長い坂道』がおすすめです。

Learning from the Philosopher Schopenhauer

Zafransky, "Schopenhauer: One Biography of a Raging Age of Philosophy" - Recommended biography to learn about the historical background and family environment.

ザフランスキーの著作では当時の時代背景や思想の流れを解説してくれます。ショーペンハウアーが生きた時代や人となりを知った上で読むとまったくその本が違って見えてきます。

やはり抽象的な「思想」といえど、それは「生きた人間」から生み出されるものです。その思想だけ見ようと思ってもなかなか理解するのは難しい。思想もその時代や社会、人間と密接に関わり合って生まれてくるのだということをこの本では考えさせられます。時代背景がわかればぐっとその思想がわかりやすくなる。その素晴らしい例がこの著作であるなと思います。

難解で厳しい哲学を生み出した哲学者ショーペンハウアーだけではなく、人間ショーペンハウアーを知れる貴重な伝記です。この本が傑作と呼ばれるのもわかります。

Nietzsche and Dostoevsky

List of 7 Nietzsche Recommended Works and Commentary Articles - Nietzsche is interesting! Not only his philosophy, but also his life and personality!

Nietzsche's philosophical writings may have an image of being esoteric, but it is a fact that they are still loved by many people to this day. I believe that Nietzsche's books continue to be read by many people not only because they are difficult to understand, but also because they have a strong message that strikes a chord with readers.

In this article, I will present seven of Nietzsche's philosophical books that I would recommend, as well as several articles with interesting commentaries on Nietzsche.