サッカー

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

J. Montague, ULTRAS: The World's Deadliest Goal Behind Journey - A shocking book that gives a different perspective on the situation in Ukraine!

This book is a must for anyone who enjoys good documentaries and is interested not only in soccer, but also in the connections between sports, politics, economics, and cultural theory. (It is a book for those who enjoy good documentaries and those who are interested in the connections between sports, politics, economics, and culture.

I agree exactly.

I found this work very stimulating, questioning the why of society and history through its radical supporters. There are many quite surprising things in the book. I highly recommend this work!

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Motohiko Kimura, "Osim: The Endless Struggle" - Recommended to learn what is happening in Bosnia, where ethnic conflict continues after the conflict.

In 2007, at the age of 66, Osim suffered a stroke and retired as Japan's national coach. However, he has made a remarkable recovery, and despite the aftereffects of his illness, he has been working energetically for reconciliation in his homeland. This book provides an insight into Bosnia 20 years after the conflict through the activities of Osim after his return to Japan.

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Motohiko Kimura, "Osim's Words" - Recommended to learn about the life of the famous general from Sarajevo and the Yugoslav conflict.

So far, the "Yugoslav Soccer Trilogy" has discussed Mr. Stojkovic and the Yugoslav conflict, and the final work will take a closer look at Sarajevo-born Osim and the Bosnian conflict.

This trilogy will give you a fairly broad perspective on the Yugoslav conflict.

This is a book that simply overwhelms me with the greatness of coach Osim. It is truly regrettable that Osim fell ill.

I recommend this work to all, not just soccer fans!

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Motohiko Kimura, "The Bad Guy Comes to Yugoslavia: Yugoslavia Soccer War Story" - A shocking work that questions the pros and cons of NATO air strikes.

先に言わせて頂きます。この本は凄まじいです。とにかく読んでほしいです。それも今すぐ!できるだけ早く!

ロシア・ウクライナ戦争に揺れている今だからこそ大切な一冊です。

この本で語られることはあまりに衝撃的です。引用したいところが山ほどあるのですが分量の制限もありますので今回の記事ではこの本の中でも特に印象に残った箇所を紹介していきます。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Motohiko Kimura, "Pride: The Trail of Dragan Stojkovic" - Recommended for learning about Mr. Stojkovic, aka Pixie, and the Yugoslav conflict.

1990年生まれの私はピクシーことストイコビッチ氏といえば監督のイメージがあったのですが、この本を読んでストイコビッチ氏がいかにすごい選手だったかがよくわかりました。

全世界から悪者と一方的に報道され制裁を受けたセルビア。そのセルビア(ユーゴ)代表として苦難の道を歩むこととなったストイコビッチ氏のサッカー人生は凄まじいものがあります。

私はこれまでボスニア紛争について学んできましたが、セルビア側から見たユーゴ紛争を知れたのは非常に貴重な読書になりました。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Tetsuichi Utsunomiya, "Dinamo Football: State Power and Soccer in Russia and Eastern Europe" - A shocking masterpiece that lets us know the past and present of the former communist bloc from the perspective of soccer!

ディナモ・ザグレブやディナモ・キエフなどのチームは知ってはいました。ですがまさかそれが内務省や秘密警察から来ていたとは・・・!

内務省といえばロシアいうとあのKGBです。現在はFSBに名前が変わっていますが、KGBはプーチン大統領が在籍していたことでも知られる組織です。ソ連時代の恐るべき組織が「ディナモ」の由来だったと知り本当に驚きました。

これは名著です。思わぬところでものすごい本と出会うことになりました。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Yasuyuki Nagatsuka, "Chronicle of Soccer in Eastern Europe" - A recommended work that also provides information on the "5.13" incident, which sparked the Yugoslav conflict.

この本はサッカーを通して東欧の国々の歴史や文化を見ていく作品です。

特に一番最初に紹介されるクロアチアではユーゴスラビア紛争のきっかけとなったとも言われる1990年の「5.13」暴動事件について詳しく語られます。

著者は東欧を揺るがしたこの事件について詳しく検証していき、さらにはこの地で荒れ狂っていた民族対立の構図を取材していきます。サッカーを通して見えてくる民族対立の背景は非常に興味深いものがありました。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

J. Montague, "Billionaire Soccer Club" - Recommended to learn about Russian oligarch Abramovich and Chelsea.

ロシア・ウクライナ戦争をきっかけに知ることになったロシアのオリガルヒ(新興財閥)。

その中でも最近ニュースで取り上げられているのが名門サッカークラブチェルシーのオーナー、アブラモビッチ氏です。

経済制裁によってアブラモビッチ氏の資産が凍結され、それに伴いチェルシーの運営が立ち行かなくなるというニュースには私も衝撃を受けました。

この本はそんなアブラモビッチ氏とは何者なのか、そしてなぜチェルシーのオーナーとなったのかを知ることができる作品です。