Gorky.

History of the Soviet Union under Lenin and Stalin

Ziid's "Soviet Travels" - The moment when the French Nobel Prize-winning writer realized the reality of the Soviet Union, which he admired.

Ziid visited the Soviet Union, a country he had longed to visit, and had high hopes for how wonderful the country would be, but there he found out the reality of the situation. He wrote about his feelings in the book "Travels in Soviet Russia.

Ziid's "Travels in Soweto" was a very interesting book. This article will introduce some parts of it, but really there are many more parts that I would like to introduce! It is that interesting!

I urge everyone to pick up a copy for themselves. It is a very interesting book and I highly recommend it.

The content is also very closely related to Dostoevsky, so we highly recommend this work to Dostoevsky fans.

History of the Soviet Union under Lenin and Stalin

(14) Lenin's view of literature: How he viewed Dostoevsky, Tolstoy, and others.

レーニンの文学観、芸術観を考える上で彼が保守的な考えを持っていたというのは意外な気がしました。革命家=既存の秩序の破壊というイメージが私にはありました。ロシアのニヒリストは特にそのような傾向があります。ツルゲーネフの『父と子』に出てくるバザーロフというニヒリスト青年はその典型です。

しかしレーニンはそうではなく、保守的な文化観の持ち主だったのです。

この記事ではそんなレーニンの文学観、芸術観を見ていきます。

History of the Soviet Union under Lenin and Stalin

(5) Why you can't beat a man with a strong mouth - Lenin's style of oratory using venom and rhetoric.

Lenin showed unusual strength in debate. The secret to this was his tongue and rhetoric.

To seize power, he had to overwhelmingly defeat his opponents. He could speak with reasoned logic, but most effective of all was his tongue and rhetoric, which would make his opponents squirm.

この記事ではそんなレーニンの圧倒的な弁舌についてお話ししていきます。

History of the Soviet Union under Lenin and Stalin

Shigeru Takamoto, "The Forgotten Revolution - 1917" - What was the Russian Revolution? A book that describes the author's anguish.

この本では1917年のロシア革命からその後のソビエトの独裁の流れについて解説されていきます。

この本の特徴は、かつて著者自身がロシア革命の理念に感銘を受け、マルクス思想に傾倒したものの、やがて時を経るにつれてソ連の実態がわかり、今ではそれに対して苦悩の念を抱いているという立場で書かれている点です。

最初からマルクス主義に対して批判をしていたのではなく、長い間それに傾倒していたからこそ語れる苦悩がこの本からは漂ってきます。

帝政末期のロシアRussian History and Culture and Dostoevsky

Henri Troyer, "Russia at the End of the Empire" - To understand Russian society after the death of Dostoevsky

The book is a novelistic introduction to society at the end of the Russian Empire in 1903.

The protagonist is a young Frenchman, Jean Roussel. He is suddenly inspired to travel to Russia. We, the readers, will witness Russian society of the time through the fresh eyes of a foreigner just like him.

The book introduces the religious situation, especially the Russian Orthodox Church, as well as various events such as the workers working in poor conditions, the inner workings of the army, and the life of the peasants.

It is a very useful book to learn what Russian society was like at that time. Moreover, it is an easy-to-read novel.

History of the Soviet Union under Lenin and Stalin

Synopsis and Impressions of Gorky's Masterpiece "Dondoko" - The Soul Cries of People Living at the Bottom of the Hill

This is a dramatic work. Moreover, as mentioned in this commentary, like Chekhov, there is no easy-to-understand plot. Therefore, it is difficult to grasp the flow of the play even if you read it as a book. I also could not understand it after reading it once, so I had to reread it many times.

Like Chekhov, I am sure that this work will have a tremendous impact when seen on stage as a play.

この作品はかなりパワーがあります。チェーホフは静かな雰囲気の劇ですが、ゴーリキーはどん底にいる人たちの魂の叫びを表現します。言葉のパワーがものすごいです。本で読むだけでこれですから舞台で聞いたらこれはものすごいものなのではないでしょうか。

History of the Soviet Union under Lenin and Stalin

Criticism of Dostoevsky by leading Soviet writer Gorky

前回の記事「『スターリン伝』から見たゴーリキー~ソ連のプロパガンダ作家としてのゴーリキー」でお話ししましたように、ゴーリキーはソ連を代表する作家であり、スターリン政権下ではソ連のプロパガンダの宣伝にも大きな役割を果たしました。

そのゴーリキーがドストエフスキーのことをどう言うのか。

これはすなわちソ連がドストエフスキーをどう見るかということにもつながっていきます。

というわけで、佐藤清郎氏の『ゴーリキーの生涯』の中にゴーリキーがドストエフスキーに言及している箇所がありましたのでこの記事ではそちらを見ていきたいと思います。

History of the Soviet Union under Lenin and Stalin

Seiro Sato, "The Life of Gorky" - Biography recommended to learn about the tumultuous life of one of the Soviet Union's leading writers.

この本ではゴーリキーの人生が幼少期からかなり詳しく書かれていますが、公的記録が乏しい若きゴーリキーに関してはその多くの部分がゴーリキー自身によって書かれた自伝的小説が基になっています。ですのでゴーリキーをもっともっと知りたい方は『人々の中で』など、自伝的小説を読むのをおすすめします。

ゴーリキーが幼少の頃からいかにとてつもない生活を送っていたかがこの伝記では明らかになります。

彼の代表作『どん底』はまさしく彼自身が社会のどん底で生き抜いた経験があったからこそでした。そこから作家として大成するというのは驚くべきことです。この伝記を読んで本当に驚きました。並の人物ではありません。

History of the Soviet Union under Lenin and Stalin

Gorky and Dostoevsky, leading writers of the late imperial and Soviet periods

ドストエフスキーは『悪霊』や『カラマーゾフの兄弟』で社会主義思想によって人々の自由が失われる時代が来ることを予言しました。

そして実際にロシアはその通りになってしまったのです。ドストエフスキーがあれだけ危惧して読者に語りかけていたにも関わらず、そうなってしまったのです。そしてドストエフスキーは国民からもあまり読まれなくなった・・・

これは文学の敗北、思想の敗北なのではないかと私はふと思ってしまいました。いくら文学や思想を述べても、権力や武力で脅されたら私たちは無力なのではないか・・・そんなことを私は感じてしまったのです。

そのためこうした時代を学ぶために、まずはソ連を代表する作家ゴーリキーを読んでみようと私は思ったのでした。