Caucasus

Tolstoy, the Russian Giant

Tolstoy's "The Kafkaes' Charm" Synopsis and Impressions - Tolstoy's Tales of the Kafkaes, also included in a children's textbook written by Tolstoy.

Tolstoy had an extraordinary enthusiasm for the education of children.

He opened his mansion as a school, taught himself, and even created his own textbooks.

The current work, "Kafkaesque Toriko" will be a work from such a self-written textbook.

The title of the book, "Kafkers' Toriko," made me think that it was a story about a man's obsession with Kafkers, but it was "Toriko" as in "prisoner of war.

This work is also characterized by Tolstoy's masterful depiction of nature, which is typical of the artist and the ultimate observer of human beings.

Tolstoy, the Russian Giant

Sogensha's "Mesopotamian Civilization" - A commentary book recommended to get an overall picture of Mesopotamian civilization. Amazing flow to deciphering cuneiform script.

「メソポタミア文明は楔形文字を使用していました」

教科書的に語られてしまえばたったこれだけのことです。

ですが実際に遺跡が発掘されて目の前に現れてきた謎の文字。

当然、最初は解読の方法などまったくありません。そこから研究者たちはどうやってこの謎の文字を解読していったのか。これはものすごく面白かったです。

研究者たちの執念といいますか、その頭脳には驚くしかありません。どうやって古代文字を解読していたのかというのは私も意外と盲点でした。

面白いドキュメンタリー番組を見ているかのようでとても楽しかったです。

Tolstoy, the Russian Giant

Toshiko Kobayashi, "The Sumeru, the Oldest Human Civilization" - A recommended introduction to who the Sumeru people were who flourished in the early Mesopotamian civilization.

シュメル文明単独で書かれた本というのは意外と少ないです。そんな中でシュメル文明とは何かということの全体像をわかりやすく語ってくれる本書は非常にありがたい作品です。

今から5000年前にこんな世界があったのかと読んでいて驚くばかりでした。

楔形文字の発明や神話というメジャーな話題だけでなく、気候や地理、政治経済などそれらが生まれてくる背景も語られるのでこれは非常に興味深いものがありました。

Tolstoy, the Russian Giant

Sumerian Mythology" - A book that allows you to enjoy the myths that have influenced world religions, such as "The Creation of Man," "The Legend of the Flood," "Inanna's Descent into the Underworld," and more!

この本では様々なシュメール神話を読むことができます。

Of these, I am still interested in "The Creation of Man," "The Legend of the Flood," and "Inanna's Descent into the Underworld.

前の2つは聖書に直接関わるものであり、後者は『古事記』のイザナギ・イザナミの物語を彷彿とさせるものです。これにはとても驚きました。

Tolstoy, the Russian Giant

The Epic of Gilgamesh" Synopsis and Impressions - Noah's Ark Originated Here! The oldest world literature was more interesting than I had imagined!

単なる古代の神話とあなどるなかれ。訳者が述べるように、この叙事詩は私たちの想像を圧倒的に超える面白さです。私もこの作品を読んで度肝を抜かれました。今から5000年も前に書かれた物語がこんなに面白いなんて・・・!

現代の小説や物語と比べても遜色がないくらいドラマチックで面白い作品です。5000年前の人類の英知をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。非常におすすめです。

Tolstoy, the Russian Giant

Kazuro Mori, "The Ark That Was Hijacked: The Drama of Mount Ararat" - Noah's Ark originated from "The Epic of Gilgamesh"! A book to learn about the Armenian genocide as well.

現在トルコ領となっているアララト山は旧約聖書で「ノアの箱舟」が漂着した場所として知られる聖地中の聖地です。

ですがその「ノアの箱舟」の物語が実は紀元前3000年から2600年頃に繁栄したメソポタミア文明のシュメール神話『ギルガメッシュ叙事詩』から着想を得ていたという驚きの事実がこの本では語られます。

また、この本の後半ではアルメニア虐殺に至るまでの歴史も知れますし、とにかく盛りだくさんの一冊です。わかりやすくてとても読みやすい本ですのでぜひぜひおすすめしたい作品です。

Tolstoy, the Russian Giant

牧本次生『IT立国アルメニア 中東・コーカサスに輝くシリコンバレー』~急激に発展するアルメニアIT!日本はこれからどうなるのか

この本は日本のIT分野の第一人者牧本次生氏による作品になります。

最古のキリスト教国アルメニア、旧ソ連の雰囲気が残るアルメニア。

私はそのような面からアルメニアを知ることになりましたが、そこから最先端のIT立国アルメニアを知れたのがこの本でした。

様々な面からこの国のことを見ることができたのは私にとっても貴重な経験になりました。

Tolstoy, the Russian Giant

G. Poghosyan, "25 Stories about Armenia" - Recommended Guidebook! Read this and you will want to go to Armenia!

この本はアルメニアを知るためのガイドブックとしてとても優れています。アルメニアがとても魅力的に感じられ、ぜひぜひこの国に行ってみたいなという気持ちになります。歴史と文化、そして現在のアルメニアをわかりやすく解説してくれるありがたい作品です。巻末には旅のアドバイスも掲載されており、旅行のガイドブックとしてもとてもおすすめです。

Tolstoy, the Russian Giant

篠野志郎『アルメニア巡礼 12の賑やかな迷宮』~圧倒的な廃墟感、ダークでディープな旧ソ連を感じるならこの1冊!おすすめアルメニア本!」

『アルメニア巡礼 12の賑やかな迷宮』はソ連崩壊後取り残された旧共産圏の姿を知る上でこの上ない作品なのではないかと私は思います。日本ではありえないインフラ事情がどんどん出てきます。あまりに異世界過ぎてかなりショックを受けました。先程はホテルの話を引用しましたが、他にも驚きの内容がどんどん出てきます。

もちろん、アルメニアの教会建築を知る上でもこの本はすばらしい参考書です。私はこの地域のキリスト教文化に関心がありましたのでそういう面でもこの本はとてもありがたい作品でした。

Tolstoy, the Russian Giant

Shiro Shinono, "Photographs: Historical Architecture of Eastern Anatolia" - Unknown and unique church architecture of Turkey, Armenia, and Syria!

今回紹介した『写真集 東アナトリアの歴史建築 Stone Arks in Oblivion』も非常に貴重な作品です。こうした作品に出会えたことはとても幸運なことに思えます。この本が世に出たということの意味を考えさせられました。

正直、かなりマニアックな本です。私もトルストイを通してカフカースを学んでいなかったら一生出会わなかったジャンルの本だと思います。ですが、この本のパワーは本物です。ぜひおすすめしたい作品です。