Greece

Apollo's CupYukio Mishima and Japanese Literature

Yukio Mishima's "The Cup of Apollo" Synopsis and Impressions - A travelogue of his first trip around the world and his experiences in Greece! Recommended to learn about Mishima's view of art!

三島由紀夫は朝日新聞の特別通信員という形で1951年末から世界一周の旅に出かけました。この旅の旅行記が『アポロの杯』になります。

三島はアテネやデルフォイの遺跡や芸術を堪能し、その思いを旅行記にしたためます。彼はこの世界一周旅行で様々な地を巡りましたが、この地に対する感動は明らかに突出しています。

そして三島がギリシャの芸術についてどう思うのか、そして自身の文学観、人生観にどのような影響を与えたのかが率直に書かれていますのでこれは非常に興味深いです。

『アポロの杯』には三島の原体験とも言えるギリシャ・ローマ体験がこれでもかと詰まっています。彼の文学や生き方を知る上でも非常に参考になる作品です。

太陽と鉄Yukio Mishima and Japanese Literature

三島由紀夫『太陽と鉄・私の遍歴時代』~若き三島の原点を知れる自伝的作品!初の世界一周旅行で太陽を発見する三島とは

あの三島は若い頃どんな日々を過ごしていたのか、どうやって文壇に入り込むことができたのか。これはとても興味深いです。特にあの太宰治との初対面のエピソードはものすごく面白く、三島VS太宰の構図がはっきりとここで語られています。両者の文学スタイルの違いまで語られていて、この箇所だけでも非常に贅沢なエピソードということができるでしょう。

そして前回の『潮騒』の記事でも引用したのですが、私の中では何と言っても三島由紀夫の人生初の世界一周旅行についてのエピソードが最も印象に残っています。彼は朝日新聞の特別通信員という形で1951年末から世界一周の旅に出かけました。その時に三島由紀夫がまさに太陽を発見したというこのエピソードは後の三島文学を決定づけるかのような意味を持っていたのでした。

RamayanaIndian thought, culture and history

The Indian Mythological Tale Ramayana" Synopsis and Impressions - Adventure myth of Rama and his beloved monkey god Hanuman, who struggles to save his captive wife Sita.

巨大な戦場を舞台にした『イリアス』、『マハーバーラタ』、それに対し主人公の冒険物語を軸にした『オデュッセイア』と『ラーマーヤナ』。この類似は私にとって非常に興味深いものがありました。しかも物語自体も奇天烈な冒険譚に満ちた『オデュッセイア』の方が面白いというのも似ています。

I have read the Mahabharata and the Ramayana, two great Indian epics in a row, and this was a wonderful experience. I was completely blown away by the depth and interest of India. I highly recommend this work.

ギリシア悲劇Shakespeare, a treasure trove of masterpieces

丹下和彦『ギリシア悲劇』~ギリシア悲劇の奥深さを学べるおすすめ入門書

この作品ではギリシア悲劇の起源やその流れをまず序章で学ぶことになります。

そこから時代順に、アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデスというギリシア悲劇の重鎮たちの作品を通してその奥深さを考察していく流れになります。時代を経ていくにつれて悲劇の内容がどう変わっていったのかが非常にわかりやすく説かれているのでこれはとてもありがたかったです。

名前は知っていてもなかなかその中身までは知らないギリシア悲劇。そのギリシア悲劇の奥深さを知れるおすすめの入門書です。

Shakespeare, a treasure trove of masterpieces

シェイクスピア『トロイラスとクレシダ』あらすじと感想~ギリシャ神話『イリアス』の世界を舞台にあの英雄たちが喋る喋る!

『トロイラスとクレシダ』はあのギリシャ神話『イリアス』に出てきた有名な英雄たちがどんどん出てくる豪華な作品です。

そしてこの作品の英雄たちのまあなんとよく喋ること!

『イリアス』のあの無骨で勇敢な男らしい英雄たちの姿はいずこやら、実に人間くさいです。シェイクスピアらしい言葉、言葉、言葉の応酬!「これが本当にあのギリシャ神話の英雄か」と笑いたくなるくらいの話しぶりです。

ですがこれがまたいいんですよね。シェイクスピアだからこそ出せるこの人間味!

当時の観客たちも、誰もが知るギリシャ神話の英雄のオールスター戦を見せてくれたシェイクスピアに拍手喝采だったのではないでしょうか。

The Rise and Fall of the Roman Empire, the Vatican, and Roman Catholicism

Yoshio Kikuchi, "Two Thousand Years of Mercenaries" - A great book that will change the way you see world history! A recommended gem found in the process of studying Sacco di Roma!

The beauty of this work is that it allows us to look at history from the very beginnings of mercenaries.

This book is a very exciting look at historical changes from ancient Greece in terms of "mercenaries".

人間ははるか昔から戦争を繰り返してきました。しかしその戦争を戦っていたのは誰だったのか。もちろん、その主役は王侯貴族だったかもしれません。しかしひとりひとりの兵士はどこからやって来たのか。そしてどのようなシステムで戦争は行われてきたのか。

一度知ってしまえば世界の見え方が全く変わってしまう恐るべき名著です!

Shakespeare, a treasure trove of masterpieces

シェイクスピア『アテネのタイモン』あらすじと感想~金の切れ目は縁の切れ目。お人よしの富豪の悲惨な転落劇

『アテネのタイモン』は紀元前五世紀頃に実際に存在していたアテネの人間嫌いの市民ティノモスをモデルにして書かれた作品です。

物語の筋としてはシンプルです。シンプルすぎると言ってもいいでしょう。そして実際に読んでみて思ったのですが、たしかに本紹介で問題作と言われているのもわかるような気がしました。

問題作として扱われるこの作品ではありますが、シェイクスピアの全体像を考えるためにもこの作品を読むことができてよかったなと感じています。

Impressions of the Summer Recounted in Autumn - Trip to Paris and Georgia

(12) Have you missed "Nike of Samothrace"? An explanation of the Louvre's greatest treasure, which is often overlooked!

The Louvre's greatest treasure, "Nike of Samothrace". This sculpture was discovered in 1863 on the island of Samothrace in the Aegean Sea, and the word "Nike" means "goddess. And this Nike is thought to have been created around 190 B.C. during the Hellenistic period. This sculpture became the most impressive work of art I saw in Paris. I was completely mesmerized by its beauty. In this article, I will talk about the fascination of Nique.

Impressions of the Summer Recounted in Autumn - Trip to Paris and Georgia

(11) Claude Lorrain, Dostoevsky's favorite ideal landscape painter, is discovered at the Louvre Museum. Introduced together with Poussin, a genius of the same period.

Many people still think of the Louvre when they think of Paris.

However, as someone who is interested in Dostoevsky, this museum was actually not on my radar. To be honest, there was nothing in particular that I really wanted to see. I just thought, "Well, it's the famous Louvre, so I might as well go.

However, when I actually visited this museum, I was very ashamed of myself for thinking such a thoughtless thing. This is a wonderful museum that deserves to be recognized. It is a bit presumptuous of me to say so at this late date, but I will say it. The Louvre was amazing after all! I am sure you will agree with me.

The Rise and Fall of the Roman Empire, the Vatican, and Roman Catholicism

Jacques Le Goff, "Medieval Western Civilization" - Was Medieval Europe really the Dark Ages? Recommended to learn about the process leading up to the Renaissance.

この作品は単なる歴史書ではありません。歴史の流れだけでなく、その背後にある人々の生活や文化を深く掘り下げていきます。

This book is an invaluable source of information about the lives and beliefs of people in medieval Europe.

It was especially stimulating to hear about the ideas of purgatory and angels, and the relationship between humans and the forest. The explanations kept coming out that made me want to slap my knees and say, "Oh, I see!" I wanted to hit my knees and say, "Oh, I see!

Compared to ancient Rome and the Renaissance, medieval Europe is clearly minor. However, this period should not be overlooked if we consider that it is precisely because of this in-between period that later Europe came into being.

ヨーロッパ史を大きな視点で観ていくためにもこの作品は大きな助けになること間違いなしです。