The Netherlands

Takahiro UedaDiary of a Monk

Welcome to our website. For those of you who are visiting our blog for the first time. First of all, please click here.

Nice to meet you. My name is Takahiro Ueda, the administrator of this blog. This blog started as my attempt to look at various things in my daily life and write words with the motto of asking myself questions, as you can see in the title of the blog.

This article will give you a general guide within our blog. If you are new to our blog or wondering what to read, please read this article first.

Adventures in Sri Lankan StudiesBuddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Mamoru Shono, "Adventures in Sri Lankan Studies" - An introduction to Sri Lanka from an unexpected perspective! A book full of serendipity!

本書はこの記事のタイトルにありますように意外な切り口から語られるスリランカを知ることができます。目次にある「カシューナッツの流通学」「漱石のカレー学」「カラスの生態学」など、パッと見ただけでは「これのどこがスリランカ?」と思ってしまうかもしれませんがこれが見事にスリランカ世界を知る手掛かりとなるのですからお見事としか言いようがありません。ものすごく面白いです。

セイロン島誌Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

Robert Knox's "The Ceylon Island Magazine" Synopsis and Comments - The amazing true story of the late 1600s, which was also the model for Robinson Crusoe!

本作の著者ロバート・ノックス(1641-1720)はイギリス東インド会社の貿易船の船員でした。彼の乗る船はインド洋航海中に嵐に遭い、セイロン島(スリランカ)に1660年に寄港しました。そこから彼らはおよそ20年にわたってスリランカ中央部のキャンディ王国の捕虜として生活することになります。

キャンディ周辺は単に高地であるだけでなく、深いジャングルに覆われており移動は極めて困難でした。いわば陸の孤島です。そんな脱出困難な状態から命からがら20年をかけて脱出したノックスの体験が綴られたのが本書『セイロン島誌』になります。

甘さと権力Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

シドニー・W・ミンツ『甘さと権力 砂糖が語る近代史』~砂糖はいかにして世界を変えたのかを問う名著!

砂糖もはじめから今のように人々の間で消費されていたわけではありません。

ヨーロッパで流通しはじめた頃には香料や薬として使用され、王族などの圧倒的な権力を持つ極一部の人しか所有することができませんでした。

私達の身近に当たり前のように存在している砂糖を通して世界の成り立ちを考える非常に刺激的な作品です。砂糖が当たり前の存在になるにはとてつもない変遷があったのでした。私達の当たり前を問う素晴らしい作品です。「モノを通して世界史を語る先駆けとなった世界的名著」と紹介されていたのも大いに納得です。

Why not pick one up?

スパイスの人類史Buddhism in Sri Lanka, Nepal and Southeast Asia

A・ドルビー『スパイスの人類史』~インド・スリランカのスパイスの歴史を知る上でもおすすめ!

この本は単にそれぞれのスパイスを見ていくだけでなく、世界の歴史の流れと関連付けて語られる点にその特徴があります。

まさに私が求めていた本そのものです。

それぞれのスパイスの原産地はどこか、いつ頃から栽培され始めたのかという基本情報はもちろん、そのスパイスと人間の関わり合いを知れるのはとても刺激的です。

歴史や文化に興味のある方はもちろん、スパイスが好きな方にも特におすすめしたい作品です。

スパイスが苦手な私ですら興味津々で読めたので、スパイス好きな方でしたらもっと楽しめる作品ではないかと思います。

Vermeer, the Painter of Light and the Scientific Revolution

吉田量彦『スピノザ 人間の自由の哲学』~スピノザの生涯や時代背景も知れるおすすめ入門書!

著者の吉田氏の語り口は非常にわかりやすく、親しみやすいです。読んでいて、面白い授業を聴いているかのような雰囲気です。

スピノザというと難しいイメージがあるかもしれませんが、この本ではそこまでややこしいことは説かれません。彼の生涯や時代背景を通して彼が何を言わんとしていたのか、彼は何と戦っていたのかがわかりやすく解説されます。

これはぜひぜひおすすめしたい名著です。私もこの本にはとても助けられました。ぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

Improve your observation skillsDiary of a Monk

Overview and Impressions of "Sharpening Your Observational Skills: Reading Famous Paintings" - If you change the way you look at things, you can change the world! A great book that I highly recommend students to read!

In this book, you will complete a number of practices through various paintings and works of art.

The practice through that famous Vermeer is extremely stimulating and interesting.

The details that can never be noticed by just looking at it casually. What is actually depicted in these paintings? This book will make you understand how we cannot see anything. Please read this book first to try it out. You will be shocked at how vague your view of the world is.

I was shocked at how big a difference there was between "seeing" and "watching.

This is an important skill for study, for work, and even for all of life. This is an amazing program that I hope many people will experience.

Impressions of the Summer Recounted in Autumn - Trip to Paris and Georgia

Takahiro Ueda, "Impressions of the Summer Written in Autumn: A Journey to Paris and Georgia" Articles - A Journey to Learn from Tolstoy and Dostoevsky

For approximately one month, from mid-August to mid-September 2022, I have been traveling around Europe, mainly in Georgia.

This trip visited France, Belgium, the Netherlands, and Georgia-Armenia.

Its main purpose was to see the Caucasus Mountains of northern Georgia to study Tolstoy and Dostoevsky.

This article will list all 31 articles. We hope you will use it as a table of contents for "Impressions of Summer in Autumn.

Impressions of the Summer Recounted in Autumn - Trip to Paris and Georgia

Paris-Georgia Travelogue] (31) Postscript - After the Paris-Georgia Trip

I have come this far with the hypothesis that "Tolstoy's origin may have been in Kafkaes.

And it actually made me think of the landscape and the mountain people that Tolstoy would have seen.

This resulted in a connection with Dostoevsky.

Dostoevsky is the exact opposite of Tolstoy. So if you learn one, you learn the other."

That is exactly what happened.

This article will summarize this Paris-Georgia trip. This concludes my "Impressions of Summer in Autumn".