Ukraine

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

R. Vanagaitė, E. Zuroff, "Compatriots Lithuanian Holocaust: The Hidden History" - A shocking book that makes you think about historical revisionism.

About 200,000 Jews in Lithuania, 90%-95% of whom died in the Holocaust...

These are shocking numbers...

This book will be a sharp scalpel on why such a Holocaust in Lithuania happened, what the mechanism was, and the current state of the history of the country.

This work, a book about Lithuanian complicity in the Holocaust, caused great controversy among the Lithuanian public.

The work also provides a very serious insight into what historical revisionism is.

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Anbu Touma, "The Syrian Civil War" - Recommended for learning about the Assad regime and the history of the civil war. Also to learn about the connection to the Russian-Ukrainian war.

The book provides a chronological account of the complex and bizarre Syrian Civil War.

The explanations are quite detailed and can be read by those who know nothing about this civil war. It was very easy to understand the flow of how this civil war came to be so intricately composed.

It was also important for me to know the tactics of the U.S. and Russia in response to this civil war. I now understand why this civil war was so important in the Russian-Ukrainian war.

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Tetsuichi Utsunomiya, "Dinamo Football: State Power and Soccer in Russia and Eastern Europe" - A shocking masterpiece that lets us know the past and present of the former communist bloc from the perspective of soccer!

ディナモ・ザグレブやディナモ・キエフなどのチームは知ってはいました。ですがまさかそれが内務省や秘密警察から来ていたとは・・・!

内務省といえばロシアいうとあのKGBです。現在はFSBに名前が変わっていますが、KGBはプーチン大統領が在籍していたことでも知られる組織です。ソ連時代の恐るべき組織が「ディナモ」の由来だったと知り本当に驚きました。

これは名著です。思わぬところでものすごい本と出会うことになりました。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Yasuyuki Nagatsuka, "Chronicle of Soccer in Eastern Europe" - A recommended work that also provides information on the "5.13" incident, which sparked the Yugoslav conflict.

この本はサッカーを通して東欧の国々の歴史や文化を見ていく作品です。

特に一番最初に紹介されるクロアチアではユーゴスラビア紛争のきっかけとなったとも言われる1990年の「5.13」暴動事件について詳しく語られます。

著者は東欧を揺るがしたこの事件について詳しく検証していき、さらにはこの地で荒れ狂っていた民族対立の構図を取材していきます。サッカーを通して見えてくる民族対立の背景は非常に興味深いものがありました。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

J. Montague, "Billionaire Soccer Club" - Recommended to learn about Russian oligarch Abramovich and Chelsea.

ロシア・ウクライナ戦争をきっかけに知ることになったロシアのオリガルヒ(新興財閥)。

その中でも最近ニュースで取り上げられているのが名門サッカークラブチェルシーのオーナー、アブラモビッチ氏です。

経済制裁によってアブラモビッチ氏の資産が凍結され、それに伴いチェルシーの運営が立ち行かなくなるというニュースには私も衝撃を受けました。

この本はそんなアブラモビッチ氏とは何者なのか、そしてなぜチェルシーのオーナーとなったのかを知ることができる作品です。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

A. Kurkov, "Ukrainian Diary" - Recommended to learn about the 2014 Maidan Revolution, the annexation of Crimea, and the history of the conflict in the east.

著者のクルコフはマイダン革命が起きた広場のすぐ近くに住んでおり、この革命の流れを最も近くで見ていたひとりです。そんな作家による混乱の日々の記録が本作品になります。

日記体で書かれているので当時の状況がかなりリアルに感じられます。

The events described in this book are directly connected to the current Russian-Ukrainian war. I highly recommend this work to learn more about this war.

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Pan Kimura, "Putin: Diplomatic Considerations" - Why Russia Goes to War. Recommended to learn about the hybrid war against Ukraine.

国民からの支持を得るために外敵を設定し、戦争を行う。そのためには手段を選ばない。

ただ、全面戦争ではアメリカやNATOから猛攻撃を受けるのでそうならないように細心の注意を払い、政治経済システムが脆弱な旧共産圏の国を狙いハイブリッド戦争を仕掛け自国に有利な展開を作ろうとする。

こうしたプーチン大統領の外交姿勢を学ぶのにこの作品はうってつけです。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Pan Kimura, "Putin: An Internal Political Study" - Recommended for understanding why President Putin is supported by the Russian people and how it works!

この作品はかなり細かくプーチン大統領の国内政治を見ていきます。

その中でも特に印象に残ったのはやはりメディア統制によるプロパガンダです。なぜプーチン大統領が国民からここまで支持され、長期政権を可能にしているのかがよくわかります。

また、ナワリヌイ氏についての分析も非常に興味深かったです。

そして本の後半ではプーチン政権が抱える問題点が考察されていきます。「強いロシア」を掲げて他国への圧力を強めるプーチン大統領ですが、その副作用に苦しむ実態が明らかにされます。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Pan Kimura, "Putin: A Humanistic Study" - A great book to learn about who President Putin is, his background and his characteristics.

この作品では彼の幼少期からKGB時代、ペテルブルク、モスクワでの官僚時代、大統領時代とじっくりとその道筋を見ていきます。ニュースではなかなか知ることのないプーチン大統領の姿を知ることができます。

また、プーチン大統領の政治のキーポイントとなる彼のメンタリティーについての分析も非常に興味深いです。

プーチン大統領とはいかなる人物かということを学ぶのにぜひぜひおすすめしたい作品です。

Modern Russia and the Russo-Ukrainian War

Morisaku Mano's "Reporto: Putin's War" Summary and Impressions - What the Situation in Ukraine Reveals from Field Reporting

真野森作『ルポ プーチンの戦争』概要と感想~おすすめ本!現地取材から見えてくるウクライナ情勢とは 今回ご紹介するのは2018年に筑摩書房より発行された真野森作著『ルポ プーチンの戦争「皇帝」はなぜウクライナを狙ったのか』…