ドストエフスキーの代表作『罪と罰』あらすじ解説―「神がなければすべては許される」

ドストエフスキーの代表作『罪と罰』概要とあらすじ 『罪と罰』は1866年に発表された長編小説です。言わずと知れたドストエフスキーの代表作ですね。 私が読んだのは新潮社出版の工藤精一郎訳の『罪と罰』です。 早速裏表紙のあら … 続きを読む ドストエフスキーの代表作『罪と罰』あらすじ解説―「神がなければすべては許される」