ポーランド編

世界一周記

クラクフからチェコのプラハへ~レオ・エクスプレスにてバスと電車移動 釈隆弘の世界一周記―ポーランド編⑧

4月16日。 5日間滞在したクラクフとも今日でお別れ。 クラクフは非常に居心地のいい街であった。 旧市街の美しさもさることながら、そのすぐそばにはこうした緑豊かな公園があり、散歩をするだけでも心地良い。 カフェも街中いた…

世界一周記

死の収容所アウシュヴィッツを訪れる②~ナチスとユダヤ人の処遇 釈隆弘の世界一周記―ポーランド編⑤

前回の記事に引き続き、アウシュヴィッツの展示で印象に残ったものを今回の記事でもお話しさせていただく。 さて、ナチスがユダヤ人をどのように扱ったのかというのは博物館の展示でも大きなテーマとして取り上げられている。 その展示…

世界一周記

死の収容所アウシュヴィッツを訪れる①~ホロコーストから学ぶこと 釈隆弘の世界一周記―ポーランド編④

4月14日。 いよいよ今日はポーランド最大の目的地、アウシュビッツに向かう。 幸い、朝から天候にも恵まれ、前日までの凍てつくような寒さも少し和らいだようだ。 クラクフのバスターミナルからバスでおよそ1時間半。 アウシュヴ…

世界一周記

クラクフ旧市街のシンボル、聖マリア教会②~高層建築と鳴り響くラッパの音 釈隆弘の世界一周記―ポーランド編③

前回の記事に引き続き、クラクフ旧市街の聖マリア教会について、もう少し考えていこう。 改めて紹介するが、この教会は1222年に建てられ、塔の高さは82mにもなる堂々たる建築だ。 「まずは街に入ったら一番高い建物を探しなさい…

世界一周記

クラクフ旧市街のシンボル、聖マリア教会~聖母マリア信仰と一神教 釈隆弘の世界一周記-ポーランド編②

先の記事でも少しだけご紹介したが、旧市街の中央広場にはこの街のシンボルたる聖マリア教会がある。 この教会は1222年に建てられ、聖母マリアの祭壇が中央に飾られていることで有名だ。 建物の外にあるチケット売り場で入場券を購…

世界一周記

ポーランド入国とクラクフ散策~旧市街とユダヤ人地区の街並み 釈隆弘の世界一周記―ポーランド編①

4月12日。 ぼくは今、ポーランドのクラクフという街に来ている。 クラクフはポーランド南部の都市で、聖マリア教会を中心とする旧市街はコンパクトにまとまって非常に観光しやすい街として知られている。 クラクフは11世紀中ごろ…