ドストエフスキーとフランス

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第17巻『獣人』概要とあらすじ、感想

『獣人』の概要とあらすじ 『獣人』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第17巻目にあたり、1890年に出版されました。 私が読んだのは藤原書店出版の寺田光德訳の『獣人』です。 今回も帯記…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第16巻『夢想』概要とあらすじ、感想

『夢想』の概要とあらすじ 『夢想』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第16巻目にあたり、1888年に出版されました。 私が読んだのは論創社出版の小田光雄訳の『夢想』です。 今回も帯記載…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第15巻『大地』概要とあらすじ、感想

『大地』の概要とあらすじ 『大地』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第15巻目にあたり、1887年に出版されました。 私が読んだのは論創社出版の小田光雄訳の『大地』です。 今回も帯記載…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第14巻『制作』概要とあらすじ、感想

『制作』の概要とあらすじ 『制作』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第14巻目にあたり、1886年に出版されました。 私が読んだのは岩波書店出版の清水正和訳の『制作』です。 早速上下巻…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第13巻『ジェルミナール』概要とあらすじ、感想

『ジェルミナール』の概要とあらすじ 『ジェルミナール』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第13巻目にあたり、1885年に出版されました。 私が読んだのは論創社出版の小田光雄訳の『ジェル…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第12巻『生きる歓び』概要とあらすじ、感想

『生きる歓び』の概要とあらすじ 『生きる歓び』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第12巻目にあたり、1884年に出版されました。 私が読んだのは論創社出版の小田光雄訳の『生きる歓び』で…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第11巻『ボヌール・デ・ダム百貨店』概要とあらすじ、感想

『ボヌール・デ・ダム百貨店』の概要とあらすじ 『ボヌール・デ・ダム百貨店』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第11巻目にあたり、1883年に出版されました。 私が読んだのは藤原書店出版…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第10巻『ごった煮』概要とあらすじ、感想

『ごった煮』の概要とあらすじ 『ごった煮』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第10巻目にあたり、1882年に出版されました。 私が読んだのは論創社出版の小田光雄訳の『ごった煮』です。 …

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第9巻『ナナ』概要とあらすじ、感想

『ナナ』の概要とあらすじ 『ナナ』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第9巻目にあたり、1880年に出版されました。 私が読んだのは新潮社出版の川口篤、古賀照一訳の『ナナ』です。 では、…

エミール・ゾラとドストエフスキー

エミール・ゾラ「ルーゴン・マッカール叢書」第8巻『愛の一ページ』概要とあらすじ、感想

『愛の一ページ』の概要とあらすじ 『愛の一ページ』はエミール・ゾラが24年かけて完成させた「ルーゴン・マッカール叢書」の第8巻目にあたり、1878年に出版されました。 私が読んだのは藤原書店出版の石井啓子訳の『愛の一ペー…