本日のお題「法名って何?法名と戒名の違いは?」

皆さんこんにちは。釈隆弘でございます。

さて早速ですが、皆さんは「法名」という言葉を聞いてぴんと来ますでしょうか?

似たような言葉である「戒名」ならなんとなくイメージがつくかもしれません。

「お葬式の時に付けられる名前」

おそらくそのようにイメージされる方が多いのではないかと思います。

たしかに現代の日本では法名も戒名もお葬儀の時に付けられることがほとんどです。

ですがそもそもなぜ法名や戒名を死後に付けるのだろうかと思われたことはありませんか?

「しきたりだから」「そういうものだから」と受け入れては来たけれどもそれが何なのかはわからない。

そのような声が実は多いのではないのかというのが日々のお参りの実感でもあります。

というわけで今回は「法名、戒名とは何か」というテーマでお話ししていきたいと思います。

さて、浄土真宗では仏教で一般的に用いられる「戒名」という言葉を用いません。

戒名は本来、俗世間を離れて出家し仏道修行という新しい生を生きる時に付ける名前であります。

戒名の「戒」は戒律を意味します。

戒律とは仏道修行者が守るべき掟のことです。

この戒律を守り、仏道修行に打ち込み、悟りへの道へ至らんとする誓いが戒名という名前には示されています。

つまり、戒名とはかつての自分から新しい自分へと生まれ変わることを示す名前ということになります。

俗名から戒名へ。

これは単に名前が変わるというだけではなく、生きる世界、生きるべき生活が変わるということを意味しているのです。

しかしそうは言うものの、ここで次のような疑問が浮かんではきませんでしょうか?

「じゃあなぜ浄土真宗では戒名ではなく法名という言葉を使うの?」

そうなのです。

戒名と法名は「新たな生を生きる」という点では同じであります。

しかし浄土真宗ではあえて法名という言葉を用いる大きな理由があるのです。

そしてこれを知ることで法名という言葉を用いる浄土真宗の特徴がはっきりと見えてくることになってきます。

先ほども申し上げましたように戒名は俗世間を離れ、出家する者に付けられる名前であります。

それに対し、浄土真宗では出家修行という形をとりません。

浄土真宗は修行をして救われるという形をとらない仏教なのです。

浄土真宗の基本理念は「お念仏を申せば誰もが救われる」というものであります。

ここに浄土真宗の特徴があります。

浄土真宗は出家者の仏教ではありません。

開祖の親鸞聖人は9歳の頃より出家し仏道修行の道を歩まれていた方でありましたが、29歳の時に比叡山延暦寺を下りられ、それ以後俗世間の中で生きられた方であります。

「出家し仏道修行をした人しか救われないのならば、それ以外の人は苦しむしか道はないのだろうか。そもそも修行をしたとしても本当に人は救われるのだろうか」

親鸞聖人は生涯かけてこの問題と向き合った方であります。

そして親鸞聖人は出家修行という形ではなく、俗世間の中で阿弥陀仏のはたらきによって救われていくという教えを広めていくことになります。

このことについては私のブログで最初に取り上げた以下の記事にざっくりとした流れが書かれています。

本日のお題 「なんでお坊さんなのに髪があるの?」(前編)

本日のお題 「なんでお坊さんなのに髪があるの?」(後編)

浄土真宗のお坊さんに髪があるのも今回のお題と実は深く結びついています。

「浄土真宗は出家者になって修行して救われていく教えではない」

ここが要です。

ではここで、もう一度戒名とは何かを考えてみましょう。

戒名とは「 俗世間を離れ、出家する者に付けられる名前」であります。

みなさん、お気づきになられましたでしょうか。

そうです。出家して修行をするという形をとらない浄土真宗のあり方においては、そもそも戒名は付けることができない名前なのです。

だからこそ戒名ではなくあえて法名という名前を用いているのです。

そしてこの法名には「仏様の教えを聴く者の名前」という意味がございます。

「法」という文字には「仏様の教え」や「仏様のはたらき」という意味が込められています。

法名を付けるということは、仏様の教えを聴き、仏様のはたらきの下生きていくということを意味しています。

ここに出家者の「戒名」と浄土真宗の「法名」の違いがあり、それがそのまま他宗派さんと浄土真宗の思想の違いとなって表れているのです。

言い換えるならば、修行をして救われていく道が戒名、阿弥陀仏のはたらきによって誰しもがこの身このままで救われていく道が法名と言うこともできるでしょう。

さて、ここまで法名と戒名の違いをお話ししてきましたが、次の記事ではさらに踏み込んで法名戒名の、ある疑問について考えていきたいと思います。

次の記事では「なぜ葬儀の時に法名、戒名をつけるの?」をテーマにお話ししていきます。

このテーマを考えることは実はそれぞれの仏教が死後の世界をどのように考えてるかを知ることにもなります。

みなさんは死後どこに行きますか?

天国ですか?お浄土ですか?それとも地獄、あるいは無でしょうか。

法名戒名を考えることはそこにもつながっていきます。

引き続きお付き合い頂けましたら嬉しく思います。

では、本日はここまでとさせて頂きます。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

HOME