本日のお題 「他力本願は他人任せ?本当の意味は?」

皆様こんにちは。

前回までの2つの記事で「ナマンダブツ」はどういう意味かを考えて参りました。

そしてその最後に 「今この身このままでの救い」 ということをお話しさせていただきました。

しかしこの 「今この身このままでの救い」 というのがなかなか、いやとてつもなく難しい問題でもあるわけです。

如何せん、これが実際私たちにとってどういう意味があるのかがわかりにくい。

もしこれを説明しようとしますとそれこそ本を1冊書けてしまうほどでしょう。

というわけで今回は前回までの記事の補足という意味も込めまして「他力本願」という言葉についてお話ししていきたいと思います。

さてさて早速ですがこの「他力本願」、皆さんはどのような意味でこの言葉を捉えておられるますでしょうか。

一般的にこの言葉が用いられる場合、「他人に任せる。他人の力でなんとかしてもらう」という意味でこの言葉が用いられているのではないでしょうか。

一般的な使用法としてはこれが定着していますので、あながちこの用法も間違いではございません。

もしかすると、「者の当にう」という文字上のイメージからこの用法が広まっていったのかもしれません。

しかしこの言葉は元々浄土真宗で大切にされていた言葉でした。

つまり、「他力本願」という言葉はもともとは仏教で用いられていた専門用語なのです。

よってその意味するところも一般で用いられる「他力本願」とは違って参ります。

その違いはどのような点にあるのか。

それを一言でざっくりとお話しするならば、次のようになります。

「他力本願は人任せではなく、仏様にお任せすることである。」

一見すると些細な差に見えるかもしれませんが、実はこれはとてつもない違いです。

浄土真宗の教えでは、人間の世界は不条理で思いのままにならぬ世界であると考えます。

ですが人間はそのことを知ることもなく、自らの力で、あるいは自らが所有する(と思い込んでいる)ものによって思いのままになることを望んでしまいます。

こうすればうまくいくだろうと考え、自分なりに手を打つもどうしてもそれが上手くいかない。

その結果が出るまでの間も上手くいくのかいかないかとやきもきし、不安に苦しめられます。

そしてそれが仮に成功した時にはうまくやったからこうなったのだと喜ぶものの、さらに上手くいくためにはまた次なる手を打たねばならぬため再び不安に囚われます。

結局、思うままには世の中は動いてくれないということに私たちは苦しめられ続けることになってしまうのです。

先程述べた「他力本願は人任せではなく、仏様にお任せすることである。」という言葉を改めて考えて参りますと、人任せであるということはある意味、自分の思うままに他人に動いてもらおうということでもあるわけです。

思うままにならないこの世界で他者に頼ったところで、残念ながら思いのままにならない苦しみのループからは逃れることができません。

ではでは、仏様にお任せしたら世の中思い通りに動くのでしょうか。

・・・いえ、残念ながら世の中は変わりません。

しかし、その人の心の中で決定的に何かが変わるのです。

外の世界は変わらなくとも、それを受け取る本人の心が変わるのです。

世の中は思い通りにならない。だからこそ仏様にすべてお委ねする。

お委ねしたからこそ、自分の与えられたことに正面からぶつかるだけなのです。

こうやったら上手くいくのかな・・・いやさっきやったあれがだめだったのかもしれない・・・そういう自分の思いを一気に捨て去ってしまうのです。

うまくやろうがやらまいが、世界はそうあるように動いていきます。

逆に言えば、上手くやれなかったのに上手くいってしまうことも往々にして存在するのが現実ではないでしょうか。あ~失敗しちゃったかなと自分では思っていても意外と相手の反応がよかったりすることもあるではありませんか。

結局すべて自分の頭の中で良し悪しを作り上げ、それに自分で自分を縛り付け苦しみのループにはまってしまうのです。苦しみはさらなる不安や苦しみを生み、どんどんその人をネガティブに、びくびくした思考へといざなっていくことでしょう。

そこから脱出せよ。仏様にすべてお委ねせよというのが「他力本願」の大きな意味であると私は考えています。

そしてこれはある意味、「他力本願を生きる姿勢」とは横綱相撲であるとも言えるのではないでしょうか。

小細工抜きに堂々と目の前の相手に向き合う!

相手の挑戦を受けて立つという威風堂々たる立ち振る舞い!

私たちも横綱のように、威風堂々と思い通りにならない現実を受けて立つ姿勢が求められているのではないでしょうか。

「右頬をはたかれたら左頬も差し出しなさい」という有名なエピソードがございますね。

もし右頬をはたかれてそれで終わってしまったら、はたかれた方は単なる被害者で終わってしまいます。せいぜい恨み節を言うのがやっとでしょう。

しかし左頬を差し出した瞬間、その人は自発的に主導権を相手から取り返すことになるのです。

「さあもう一発どうぞ」と言ったあなたはすでにこの場の主導権を握っているのです。相手に打たせてやるのと、相手に打たれるのでは天と地ほどの差があります。

まさに主客転倒。受け身であった自分が主たる立場へと変わってしまうのです。

大学院時代、この話を教授から聞いたときは本当に目から鱗でした。

左頬を差し出すというのはこんな意味があったのかと今でもこうして記憶にはっきりと残っているほどです。

「他力本願」は人生を仏様にお委ねする、人生に対する横綱相撲の姿勢である。

これは私の中でも学生時代に学んだ大きな教えでありました。

もちろん、教義の面では様々な解釈がございますので他力本願=横綱相撲と必ずしも断定できるものではございません。あくまで私の解釈です。

ですがこれを機に浄土真宗の教えに興味を持って頂けたならば嬉しく思います。

仏教は本当に興味深い教えです。生活に密着した智慧でいっぱいです。だからこそ私は仏教が大好きですし、大きな可能性を感じています。

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

合掌

HOME